マツダ FD型RX-7が最後となったリトラクタブルヘッドライト。あの人気を取り戻す次の一手とは?

時代の要請でリトラクタブル式ヘッドライトは廃止

リトラクタブルヘッドライト

リトラクタブルヘッドライト(以下、リトラ)は70年代から00年代までのスポーツカーを中心に世界的に広く採用されていました。とりわけノーズが低くできる、均一の面が取れることからデザイナーにとっても人気があり、市場も湧いたものでした。

ところが安全面や合理化が囁かれると、法規制が入りリトラは次第に姿を消します。簡単に言うと、交通弱者への衝突安全が確保できない、空力に影響する、部品点数が多い、などが主な理由でした。

つまり、時代の流れでネガティブ要素がポジティブ要素に勝ってしまったのです。復活を願う声が後を絶たない中、残念ながら現代の自動車産業の状況ではソフト・ハード面、どう逆立ちして考えてもリトラが復活する要素が見つからないのが現状です。

僕らはリトラのない時代を受け入れるしかないのか…

ここで少し、どうしてリトラが流行ったのか、その背景にあるものをおさらいしますと、60年代から70年代のモーターショーに出展されたカロッツェリアをみれば一目瞭然、その当時仕掛けたデザインテーマに端を発していることがわかります。それがズバリ、スーパーカーから来ていますね。

カウンタックからフェラーリで衝撃を受け、ポルシェもロータスも続々とリトラを採用、こいつは売れると味をしめた国産メーカーはマツダ サバンナRX-7からホンダ アコード、トヨタ カローラⅡまで日本車らしく、なんでもござれ的に爆発したのでした。

それが先に記したように規制が入ると、輸入車はコルベットを最後に、国産車マツダ FD型RX-7で終焉を迎えるわけですけれども、特にFD型RX-7は未だ衰えぬ人気があり、リトラを採用したデザインの集大成といってもいいでしょう。

リトラのメカが楽しかった

では何故、リトラに憧れていたのかを整理しますと、デザイン面はさることながら、そのメカニズムに刺激されたのはあったでしょう。やはりこの世代は機械大好き、操るのが大好きな世代のはずです。

かくいう筆者もこの世代に入り、自称リトラ世代。ライトをポップアップする行為そのものが楽しかったんですよ。ウイーンガシャ、ってモーター音とライトの動きが同調するのが刺激的で、ポップアップのボタンを連打して遊んだものでした。これはやはり、サンダーバードとか、日本のアニメとかTVの影響を受けてて、メカへの憧れが強いのでしょう。

それにポップアップした状態は走り屋にとってはノーズの向きが掴みやすい、運転席からライトが上がってるのが見えて嬉しい、夜が楽しみなんていう、他人には理解してもらえない感情もありました。

これは皆さんあまり口にはしませんが、ポップアップした時はいきなりファニーフェイスになることが面白かったのでしょうね。そんな若い人たちには遠目に見られてしまうリトラ世代の想い、もう当時を味わうことは出来ません。どう解消したらいいのでしょうか。

当時のリトラ車をお金に糸目をつけなければ、自分の世代くらいは補完できるでしょう。でもそれが出来る人は限られています。これから出る市販車に望みはないのでしょうか。

次ページフェラーリ・アウディに望みが見えた!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事