タイヤを1本だけ新品に交換して走っても大丈夫!?起こりうる問題と対策とは?

どのような場合に車に負担がかかるのか?

タイヤ

タイヤを交換する場合、1本だけ新品交換するのか左右2本新品交換するのか、1台分4本新品交換するのか迷うこともあるでしょう。

予算やそのときの状況もあるので、必ずこうしなさい!というものはありませんが、選択肢によっては車に負担がかかることも。タイヤ1本だけ新品で問題が起きるかどうかは、駆動方式と交換したタイヤの場所によって異なります。

FF、FR車の場合

2015 Mazda Roadster RS

FF、FR車で、1本だけ新品タイヤにする場合は、原則的に後輪に履かせます。

FR車において機械式以外のLSDが装着されている場合は、左右のグリップ差や回転数の差でLSDが常に作動してしまい加熱してしまうことがあるので、注意が必要です。リヤデフオイルの量は1L前後と少なく、走行距離やスピードに比例してオイル負担が増加して過熱していきます。

また、ビスカスLSDの場合は、充填されている高粘度シリコンオイルが加熱され、発火する恐れも。磨耗したタイヤと新品のタイヤでは、直径に差が生じ、回転差が生まれます。また、グリップ力の差も生じますので同寸のタイヤでも、まっすぐ走らないという症状も発生することもあるのです。

空気圧を1本だけ減らして走るのと症状は似ていますが、車にかかる負担は、こちらの方が高くなります。そのため、2輪駆動車でも1本だけ新品に変える場合は、同じタイヤを選択するか、磨耗が激しい場合は左右2本同時に交換することが安全と言えるでしょう。

4輪駆動車での1本交換はNG

次に4輪駆動車ですが、1本だけ新品交換するのは基本NGとなります。理由はスタンバイ式、フルタイム式問わず、センターデフをはじめとする駆動系に大きな負担がかかり故障の原因となるためです。

ビスカス式センターデフの4WD車は前後のタイヤサイズを変更したり、違う銘柄のタイヤを付けて高速走行するとセンターデフから出火することも。タイヤ交換の際は、4本同時に、同じサイズ・同じ銘柄で交換しましょう。

降雪地帯では、4WD車両が多く、ビスカス式センターデフの故障も多いと聞きます。これは4輪スタッドレスタイヤを履かせていても、常にどこか一輪が、スリップ状態にあるなどで、センターデフに負担がかかるためです。

スタッドレスタイヤの磨耗によるトラブルも

スタッドレスタイヤの磨耗によりタイヤの直径差が回転数差を生んでしまい、トラブルが発生することも。これは、タイヤの空気圧を常に適正に保ち、スリップサインや肩ベリを目視点検して早めの交換で防ぐことが可能です。

タイヤのゴムの寿命は生産から5年といわれていますので、溝が十分あっても5年以上経っているタイヤであれば、高速・高負荷走行は控え、早めに交換しましょう。

新品4本交換してから走行3000キロ未満の場合に限り、1本だけ新品交換が可能かもしれません。タイヤの減り方にもよりますが、判断が難しい場合は量販店やガソリンスタンドではなく、整備工場やタイヤメーカーの販売店(タイヤ館・タイヤタウン等)に相談することをお勧めいたします。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事