高級車では復活しつつある4WS…なぜ量販車には4WSが採用されなくなったのか?

世界初の4WS車は日産のR31スカイライン

R31 スカイライン

世界で初めて量産乗用車に4WSが採用されたのは、1985年デビューのR31スカイラインに搭載された「HICAS」(リアアクティブステア)です。

基本的に高速走行時の安定性を高める目的での同位相制御(前後輪を同じ方向に操舵する)のみで、低速時の逆位相制御(前輪と逆に操舵する)は組み込まれていませんでしたが、後にR32スカイライン、Z32フェアレディZなどに採用した「スーパーHICAS」では一瞬のみ逆位相に操舵する事で、低中速時の操舵レスポンスを向上させていました。

その後、1987年にはホンダやマツダもそれぞれ開発中だった4WS車「ホンダ・プレリュード(3代目)」「マツダ・カペラ(5代目)」をデビューさせましたが、それらには最初から低速時の逆位相制御が組み込まれていたのです。

同時期の1987年10月には初のフルタイム4WD+4WS車として「三菱・ギャラン(6代目」が登場し、1987年という年は4WSの当たり年になりました。

軽自動車にも採用された4WS

そのような中で、わずか1車種、1グレードのみですが、軽自動車にも4WS車が存在します。ダイハツのL200系「ミラ(3代目)」の中の1グレード、L220S型「TR4(マイナーチェンジ後はTR-XXアヴァンツァート4WS)」がそれです。

軽自動車ながらも同位相制御、逆位相制御にも対応した本格的な4WS車でしたが、高価だった事や元々取り回しのいい軽自動車でのメリットが少ない事、取り回しで劣る4WD車には設定が無かった事もあって一代限りで終わり、その後軽自動車に4WSは登場していません。

次ページ「パッシブ4WS」ニシボリック・サスペンション

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事