ドライヤーの温風で直せる車のバンパーのヘコみ…簡単な修理方法とは?

バンパーだけならどうにか!?

バンパー

ぶつけたり、こすったりと大事な愛車に傷がつく原因はたくさんあります。中には割り切って「走れて車検が通れば問題無い」で乗り切ってしまう(見ないふりをしてるだけです)人もいますが、気になるものは気になります。

ボディやボンネットなどは鈑金塗装しないとどうにもならない事が多いですが、バンパーだけなら「自分である程度どうにかなる」確率がちょっとだけ上がるので、試してみるのもいいかもしれません。

バンパーを凹ませた!

バンパーとはそもそも衝撃吸収材であり、ぶつけて衝撃を吸収してナンボ。ですから簡単にへこみます。とはいえ、へこんだままでいても外聞が悪いので、修理できるものならするべきですが、お金がかかります。

車両保険に入っていれば修理代は出ますが、最近の損害保険会社は「修理代を出してしまうと、その分だけ保険の等級が下がって保険代が上がるので、程度によっては自腹で修理した方が安上がりですよ。」と、親切なのかどうか、自ら保険会社の存在意義を疑うアドバイスをしてくれる事が多かったりします。

保険で直すにせよ、自腹で直すにせよ自分に負担がかかるのは避けられない…傷心の心を引きずって帰り付き、落ち込む前にちょっと待ってください。そこでもし電源を確保できるのならば、ドライヤーを持ってきてみましょう。

次ページドライヤーでバンパーのへこみを直す!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事