半クラッチの時の不快な振動"クラッチジャダー"とは?対処法はある?

クラッチの種類

クラッチ

自動車用クラッチとしてはおおむね2種類があります。乾式クラッチと湿式クラッチ。その違いは、クラッチディスク内にオイルが含まれているかどうか…です。文字通り、乾式であればクラッチにオイルは不要で、湿式は必要なタイプ。

多くの四輪車は乾式クラッチを利用しており、一方で二輪車は湿式クラッチの採用が多いです。乾式クラッチは構造を単純化できたり、コンパクトにできるなどのメリットがあります。

また、オイル管理が不要である点も相まって、四輪車では乾式クラッチを利用しています。マニュアル車とオートマチック車でミッションオイルの量が大きく異なる理由の一つです。トルクコンバータはフルードを介して駆動力を伝えるため、より多くの油量を必要とします。

ちなみに、最近は2ペダルマニュアルであるセミオートマチックやDCTの車も増えていますが、DCT等の一部車種では、湿式クラッチを利用している車種も。

クラッチの役割

クラッチはどんな仕事をしてくれるのでしょうか…。エンジンから出力される回転運動をトランスミッションを介してタイヤに伝えます。しかし、エンジンからタイヤまで、すべての回転軸がつながった状態でブレーキを踏んでタイヤの動きを止めると、エンジンも止まってしまいます。即ち、エンストです。

また、トランスミッションのギヤを変速する際、エンジンからの回転が途切れていないと回転を一定に保って変速する事が出来ないため、ギヤが入らない、という事にもなりかねません。そこで、トランスミッションとエンジンの間にクラッチを設けます。クラッチはペダルを踏むことで、エンジンとトランスミッションの間を切り離し、駆動力の伝達を阻害します。

このおかげで、ブレーキを踏んでもエンジンは止まりませんし、変速もスムーズにできるようになります。オートマチック車は、クラッチの代わりにトルクコンバータを使いますが、トルクコンバータは直結されておらず、オイルを介して部品を回転させるため、どちらかを急に止めても相手側に影響が及びません。

次ページクラッチジャダーの対策とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事