ジムニーやハスラー等…なぜ軽自動車は雪道に強いと言われるのか?その強さはどこからくる?

雪に強い軽自動車の決定版は、やっぱりコレ!?

スズキ・ジムニーといえば雪道と言わずあらゆる場所での踏破性能が高いクルマとして有名ですよね。フレーム構造にリジッドサスペンション。大きく取られたグランドクリアランス。雪国の駐在所の脇に停まっているジムニーを見かけたりすると、「ああ、やっぱりジムニーは地域に根ざしたクルマなんだな」という感想を持ちます。

しっかりとした車体、しっかりとした足回りで、しっかりと地面を捉えるという基本構造がジムニーの強みです。路面の悪い場所でも十全に路面を捉えると考えたときに、ヤワな車体、ヤワな足ではきちんと地面を捉えることができないわけです。その意味でジムニーの基本構造は耐候性の高さにも結びついていると言えます。

また、絶対的な「軽さ」も効いているはず。雪は滑りますが、そう考えたときにクルマ全体の質量が小さければその分だけ遠心力も小さく、ミューの低い場所でも比較的グリップを保ちやすいという傾向も無視できないでしょう。また、新雪に近い状態においても軽ければズブズブと沈み込んでいかない、スタックしにくいという面も小さくないはず。

同じような理由で、三菱のパジェロミニも雪に強いタイプのクルマに分類していいと思います。実際にジムニーと並んで雪国の駐在所脇に置かれているケースが多いですよね。ともに高いトラクション能力を発揮する四輪駆動システムをもっているところも共通点。

こうして、軽く、しっかりとした成り立ちがあって雪に強いとされる理由がわかる気がします。

次ページでは、同じスズキのハスラーはどうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事