スバルの水平対向エンジンを搭載した現代版VW ビートル…その脅威的な速さとは?

VW ビートルとWRXの共通点

ビートル

フォルクスワーゲンの"ビートル"…もっとも有名なモデルですね。

上の画像は「タイプ1」とよばれているモデルです。戦前の1938年から2003年まで半世紀以上生産された車であり、累計販売台数は世界最多ともいわれています。といっても、1938年に完成してはいましたが、ヒトラーの野心による第二次世界大戦勃発で、ビートルの生産はストップ、実際に生産が再開となったのは1945年の事だったそうです。

なんとも歴史の重みを感じる一台でもありますね。

さて、今回紹介の動画では、500ドルで手に入れたという1974年式のビートルに、スバル WRX STIのエンジンを搭載させようとしています。

これはなぜかといえば、この初代ビートルも「4気筒水平対向エンジン」だからではないでしょうか。エンジンサイズや取り回し等はかなり異なるので搭載には苦労したと思いますが、同じ水平対向エンジンだからこそ、載せ替える意味があるのかもしれません。

ビートル以外でも同じエンジンを使用する「カルマン・ギア」にスバルの水平対向エンジンをスワップするカスタムも散見されます。現代版ビートル、という意味で現代の水平対向エンジンに拘るカスタムなのでしょう。現在このボクサーエンジンを作っているのは、スバルとポルシェだけなのですから。

スバルのエンジンを得たビートル、その出力は…

苦労の末、ビートルにWRX STIのエンジンを組み込み、ダイナモでパワーチェック。その結果、なんと267.4kw(363.5馬力)を発揮!エンジンにもカスタムを少々施したようですね。ちゃんとブレーキ・足回りや車体の補強もしないと危険なほどの出力…。

このビートルの車両重量ですが、730~930kgのモデルとなっています。エンジンを換装したので正確な重量はわかりませんが、930kgだったと仮定してパワーウェイトレシオを計算してみると、2.56kg/psという驚異的な数字になります。これは日産 GT-R NISMOのパワーウェイトレシオ2.86kg/psよりも優れていますから、いずれにせよ驚異的な心臓を手に入れたといえますね。

STIビートルでドラッグ対決!

このWRXの心臓を得たビートルで、さっそくドラッグ対決を行っています。

1本目はフォルクスワーゲン・ニュービートルターボとの新旧対決。あっけなく勝利してしまいます。

2本目は日産 シルビアS14と対決。これもあっさりと勝利。ラストは同じ水平対向エンジンを搭載する老舗スポーツカー、ポルシェ911 カレラと対決。

衝撃の結果は動画でチェックしてみてくださいね。

【動画】VWビートルにWRX STI搭載!ポルシェとドラッグ対決!

やはりエンジンスワップによる、軽量ボディにハイパワーエンジンという取り合わせは凄まじいですね。ただ、トータルバランスは著しく崩れるわけですから、これを日常乗る仕様とするのであれば、ストッピングパワーの確保、また車体強度も確保しなければなりません。いずれにしても更なる大改造が必要ではありますよね。

カーマニアに人気の「Mighty Car Mods」

今回紹介した動画は「Mighty Car Mods」のエピソード。これはオーストラリア在住の、MOOG氏とMarty氏のコンビによる人気のWEB番組で、YouTubeをベースに配信されています。YouTuberとも言えますね。オーストラリアだけでなく、アメリカ、ニュージーランド、香港、シンガポール、カナダ、イギリス、そしてここ日本でもロケが行われているのだとか。

基本的にはクルマのカスタム・DIYを中心としていますが、各国のクルマ文化を体験・紹介する企画もあり、非常に見応えがあります。興味を持った方はチェックしてみては如何でしょうか。

VW ザ・ビートルの中古価格・燃費|個性派モデルのエクステリア・内装に迫る!
VW ゴルフがマイナーチェンジ|7代目ゴルフの各グレード比較と中古価格
VW ポロの走行スペック・中古価格|国産車では真似できない性能とは

この記事をシェアする

最新記事