スポーツカーなどに使われるLSD…車に付けるとどんな効果がある?デメリットは?

LSDはカーブでの駆動力を無駄なく伝える部品

通常、車には「ディファレンシャルギア」と呼ばれる部品が付いています。カーブを走る際は、カーブの外側のタイヤの方が、内側のタイヤよりも多くの距離を走ります。

そのため、ディファレンシャルギアはカーブを走る際に、外側のタイヤと内側のタイヤの回転差を吸収するもので、カーブの外側のタイヤをより多く回転させ、内側はそれよりも回転を抑えるようにすることで、スムーズにカーブを回ることができるのです。

しかし、さらに速いスピードで急カーブを回るようなスポーツ走行の場合、遠心力で内側のタイヤが浮いてしまうことがあります。こうなると、内側のタイヤにかかる負荷が無くなり、空転するため、ディファレンシャルギアは勘違いし、内側のタイヤだけ多く回転させようとしてしまいます。

そこで、登場するのがLSDです。

LSDはデファレンシャルギアの滑り(Slip)を制限(Limited)するもので、これがあると内側のタイヤが浮いてしまうようなスポーツ走行時にも、無駄なくパワーを路面に伝えることができるのです。

LSDはどんな車に向いている?

基本的にサーキットを走るようなスポーツ走行をする車に付けるものです。ファミリーカーやミニバンなどは、そのような走行をすることが前提ではありませんので、そもそもそれらの車種にはオプションとしての設定も無く、社外品でも適応するLSDが存在しないことも多く、どんな車種にでも付けることができるものではありません。

具体的な車種で言うと、トヨタ86などは「トルセン®LSD(リミテッド・スリップ・デフ)」というオプションとして設定があり、GTおよびGT Limitedには標準装備、Gの6MTにはオプションで装着可能だったりします。

また日産のGT-Rともなると、全車標準で「1.5wayメカニカルLSD」という形で装備されています。これ以外にも、このようなスポーツカーでは社外品で多くのLSDが発売されています

ドリフト(サザンサーキット)

LSDの価格は

LSDにも様々な種類があります。代表的なものですと、以下のものがあります。

・1way、2way、1.5way
・回点差感応式、トルク感応式

これらの種類に加え、方式としては、

・ビスカス式
・ヘリカル式
・トルセン式
・機械式
・電子式

などがあり、方式やタイプにより価格は様々ですが、電子式のものなどは、内部のクラッチ機構などをコンピューターで制御するため、効き始めるタイミングや、強さなども最適な形で調整されます。非常に高性能ですがコストも高くメーカーで最初から組み込まれている場合がほとんどです。

社外品として発売されているものとしては、多くの車種で約10万円〜15万円くらいのものが多いようです。実際はこれに取り付け工賃が発生しますので、もう少し値段は上がりますね。

LSDのデメリットは?

一般的に、LSDを付けると回転差を制御するわけですから、問題も発生します。特にイン側には余計にトルクが配分されますので、タイヤは少し滑っているような状態になり、タイヤの減りは早くなります。

また、回転差を制御しているので、車体をまっすぐ進ませようとする働きが強くなり、素人が運転すると逆に曲がりにくいと感じる場合もあります。

要はLSD非装着だと、ある程度駆動力が逃げてくれるのでスピードも適度に落ちますが、LSDが付いているとその「逃げ」がなくなるので、オーバーステアになったり、アンダーステアになったりすることがあるのです。

このようなLSDですが、一般道で法定速度を守って走る分にはほとんど必要ないものです。しかし、サーキットでタイムを競うような場合ではあると無いでは大きく違ってきます。もしサーキット走行やスポーツ走行を楽しみたい方は、ぜひ一度LSDの装着を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

最新記事