スポーツカーなどに使われるLSD…車に付けるとどんな効果がある?デメリットは?

LSDはカーブでの駆動力を無駄なく伝える部品

通常、車には「ディファレンシャルギア」と呼ばれる部品が付いています。カーブを走る際は、カーブの外側のタイヤの方が、内側のタイヤよりも多くの距離を走ります。

そのため、ディファレンシャルギアはカーブを走る際に、外側のタイヤと内側のタイヤの回転差を吸収するもので、カーブの外側のタイヤをより多く回転させ、内側はそれよりも回転を抑えるようにすることで、スムーズにカーブを回ることができるのです。

しかし、さらに速いスピードで急カーブを回るようなスポーツ走行の場合、遠心力で内側のタイヤが浮いてしまうことがあります。こうなると、内側のタイヤにかかる負荷が無くなり、空転するため、ディファレンシャルギアは勘違いし、内側のタイヤだけ多く回転させようとしてしまいます。

そこで、登場するのがLSDです。

LSDはデファレンシャルギアの滑り(Slip)を制限(Limited)するもので、これがあると内側のタイヤが浮いてしまうようなスポーツ走行時にも、無駄なくパワーを路面に伝えることができるのです。

LSDはどんな車に向いている?

基本的にサーキットを走るようなスポーツ走行をする車に付けるものです。ファミリーカーやミニバンなどは、そのような走行をすることが前提ではありませんので、そもそもそれらの車種にはオプションとしての設定も無く、社外品でも適応するLSDが存在しないことも多く、どんな車種にでも付けることができるものではありません。

具体的な車種で言うと、トヨタ86などは「トルセン®LSD(リミテッド・スリップ・デフ)」というオプションとして設定があり、GTおよびGT Limitedには標準装備、Gの6MTにはオプションで装着可能だったりします。

また日産のGT-Rともなると、全車標準で「1.5wayメカニカルLSD」という形で装備されています。これ以外にも、このようなスポーツカーでは社外品で多くのLSDが発売されています

次ページLSDの価格とデメリットは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事