クラウンやスカイライン…なぜ覆面パトカーにはセダンが多いのか?

覆面パトカーにも種類がある?

一般的に、平常時の外観は一般の車両と変わらないものの、緊急時には赤色灯を露出させサイレンを鳴らすパトカーの総称である「覆面パトカー」。パトカーであるという事に気付かれにくいため、不審車両や不審人物を取り逃がす確率が低いという利点があります。

ちなみにこの「覆面パトカー」、平常時の外観が一般の車両と変わらないパトカーであれば「覆面パトカー」と呼べるかと思いますが、実際には用途別で主に3種類で分類されます。

【交通取締用四輪車】
主に交通法規違反の車両を取り締まる用途で使用され、日常的に見かける覆面パトカーの大部分がこれにあたるかと思われます。緊急時には、通常はルーフ部分に格納されている赤色灯が露出する仕組みになっています。

【警護車】
主に要人警護などの目的に使用される車両になります。主に内閣総理大臣、閣僚や官公庁の上官、都道府県知事など国内外の要人警護を目的に使用されます。

【捜査車両】
主に犯罪捜査の為に使用される車両になります。ただし、捜査車両の中には、緊急自動車指定を受けておらず、着脱式赤色回転灯とサイレンを装備していない一般車両も存在するようです。

なお、本記事では「覆面パトカー≒交通取締用四輪車」の前提としています。

覆面パトカーで用いられている車種

それでは、覆面パトカーにはどんな車種が利用されているのでしょうか?

皆さんもクラウンは一番よく見かけるかと思いますが、その他にもスカイライン、マークX、GT-R、レガシィ、インプレッサWRX、セドリックなどの車種も使用されているようです。最近はマークXやレガシィあたりが特に増殖中だとか。

こうやって見ると、やはり記事タイトルのとおり、そこそこの価格帯のセダン系の車種が圧倒的に多いように見えます。また、色は白・黒・シルバー系が多いようです。これは、目立ちにくいという理由によるもののようですね。

次ページ覆面パトカーにセダンタイプが用いられる理由は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事