座り心地の良いシートとは?世にも素晴らしい掛け心地のシート5選

ルノーのマシュマロ系シートはたっぷりサイズで快適性をアピール

ルノー、というよりフランス車のシートと乗り心地の素晴らしさは有名ですよね。これには諸説あって、フランス人の好みがそうさせているということ。柔らかくてショックを伝えないソファーのようなかけ心地、快適性をとことん追求する国民性。また、実情として、パリの石畳の道路を代表として、フランス国内は今ではそうでもないようですが、それでも地方に行くとデコボコが多くて、足回りもシートも、それを吸収する性能が現実的に求められる、という傾向もあるようです。

さて、ルノーのシート。ルノーというと日本国内ではコンパクトカーのイメージが強いかもしれませんが、そんなコンパクトカーでも上級車に引けを取らない柔軟な乗り心地と快適性を確保しているというのが特徴で、このシートなら腰が痛くならない、このシートならいくらでも乗っていられる、というドライバーも少なくありません。

このルノーのシートが恋しいがためにルノーにする、ルノーから離れられないという人までいたりします。ルノーというと日本ではややマイナーな銘柄に属していますが、しなやかさとしたたかさを併せ持った足取りと、このマシュマロ系シートの組み合わせは、値付けへの説得力も充分です。

プジョーはフランスの中では「剛」、しかし時間とともに身体とトモダチに

プジョーは、足回りも含めてフランス車の中では堅め、ドイツ車に近い味わいを持っていると言われています。世の中、全般的にドイツ的なガッシリ感を求める傾向が強いですから、プジョーの人気の高さにも頷ける気がします。実際、剛性感が高くガッシリとした印象を与えてくるのですが、しかし、走り込んでしばらくしてみると、じつはそうでもない、という不思議な感覚です。

足回りは比較的ゴツゴツを最初は感じさせますが、慣れた道を、あるいは荒れた道を走ると懐の深さがあって、これはガタガタとショックが来るかな、と思うと難なく涼しい顔でスムーズに走り抜けてくれるようなところがある。シートもまた、最初は張りが強めかなと思うのですが、15分も乗っていると段々と身体に馴染んでくれて、知らないあいだに「トモダチ」になれてしまっている、という感じ。これもまたプジョー独特の印象です。

そしてこれもまたフランス車の例に漏れず、長距離長時間など屁でもないという快適さ。フランス車は見た目だけで判断すると魅力の半分以下しかわからないかもしれない。ぜひとも、ディーラーさんにわがまま言って、せめて20分は試乗してあげてください。

次ページお次は「癒し系」シトロエンと「哲学系」メルセデス

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事