覆面警察官に聞いた!? パトカーにはクラウンが多い...!?

勝手な想像

パトカー クラウン

警察組織というのは国家権力、ゆえにそれ相応に品格が求められる、ということかもしれない、と思いました。

またクラウンは歴史が長く信頼されたブランドであり、またその信頼感こそが警察組織への信頼とも合致している、のかも知れない、と。加えてパトカーというのは国費で導入されるものですから、下手な買い物はできない、という面もある。

ま、すべて憶測です。

クラウンは、自動車としての性能は、それは見劣りはしないけれどもっと性能のいいクルマはほかにもあります。事実イギリスなどではインプレッサWRXなどの高性能車がパトカーに導入された例もありますし、「現場に急行」しなければならない、あるいは凶悪犯を追い詰めなければならない、そんなときにはもっと適任と思われる車種はいくらでも思い浮かびます。

と、いうわけで、なんで、クラウンなのか・・・

警察官の生証言:「いや~、そんなことはないと思うけどねえ」

先日あるイベントで警察官の方にお話を伺うチャンスがありました。聞けば某地域で高速隊に所属していたこともあるのだとか。そしてもちろんその隣にはクラウンの覆面パトカー。

Q「なんでパトカーってクラウンばっかりなんでしょうね」
A「いや~、そんなことはないと思うけどねえ」

Q「このクルマもクラウンじゃないですか」
A「まあね、クラウン、壊れないから、それと目立たないってのもあるね、覆面車としてさ」

Q「なるほど、でももっと性能のいいクルマにしないんですか?」
A「いやほら、あんまり言えないけど、昔はGT-Rなんかもウチにはあったし、あれは速かったなあ」

Q「パトカーの車種はどうやって決めているんですか?」
A「それはちょっと企業秘密だなぁ・・・」

その後いろいろと観察してみると東京と横浜を結ぶ第三京浜道路ではティアナ3.5と思しき覆面車が「獲物」を捉えているところを目撃しましたし、他方ではV35スカイラインなどもまだまだ現役で活躍中のようです。かつてはそう、Y31セドリックも長らく活躍していましたし、実際にお話をうかがった警察官の方が仰っていた32GT-Rには何度も遭遇してます。たしかにクラウンばかりじゃない・・・。

でもとうのご本人たちは車種に関してまではあまり深く考えていないご様子。

次ページパトカーを観察するメリットとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事