重ステ時代からパワステ時代へ...車の運転にどのような変化があったのか?

パワステが必要な理由

今でも軽トラなんかには重ステ、あります。

でも、実際に操作するとそんなに重くはなかったりする。パワステがなくてもいいくらいの重さなんですね。
その理由は前軸荷重が絶対的に軽いこと、タイヤが細くて接地面の摩擦係数が少ないこと(簡単に言えばグリップが低い)などから、ハンドルが重くなる要素が少ないわけですね。だからとくにパワーアシストしてまで軽くする必要はないと。

パワステが必要とされる理由はその逆で、タイヤそのもののグリップが高くなったこと、もっというと、それは自動車全体の性能向上が高いグリップを求めた結果でもあるので、自動車の高速高性能化、または安全化という要素がパワステを求めた、と捉えることはできます。

石臼を挽くがごとき重さ

FF車の重ステともなると地獄でした。
なにせフロントエンジン・フロントドライブ、ということは前輪がきちんと路面を捉えていることが求められるわけですから、同じフロントエンジンでもFRにおける前軸への要求度よりはるかに高いものがあったわけですね。俗にフロントヘビー。

経験談で申し上げますと、まず据え切りは無理。まさに石臼のような重さ。けれどこれは車の側からの素直な声なのです。止まっているときはタイヤの摩擦係数は最大であり、その状態でハンドルを操作することは物理的に無理であるとクルマが言っているわけです。
これを無理やり動かそうとすれば、下手すると体を壊します。そして、それは同時に車の側、すなわちステアリング機構にも大きな負担を強いることになるということも同時に言えます。

パワステ車がいとも簡単に可能とさせている、停車状態でのハンドル操作、「据え切り」。
でもこれ、クルマにとってはすごくツラいことだと思っていただいたほうがいいですね。

次ページ「ラクになる」こととの引き換え...運転のプロが語る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事