これって煽られてる!? 車内から「煽り運転」を確認する方法

車間距離が短い=煽り、とは言い切れない?

煽り運転 追い越し

警察庁によると煽り運転は『車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反』といった道路交通法違反で取り締まることになるのだという。

ただし車間距離について明確な数値としての基準が記されているわけではない。過去の判例などから目安となる数字はあるし、安全運転の推奨値(60km/hなら45m、100km/hなら100m)もあるが、その場で正確に計測して煽り運転かどうかを決めるわけではないのだ。あくまでも、状況から危険と考えられる車間距離に詰めているときに煽り運転となり、違反として取り締まられることになる。

ちなみに、前述した速度に応じた車間距離の推奨値は晴れていて路面が乾いているときの目安。雨でブレーキ性能が落ちている状態では、もっと車間距離をとる必要がある。

最近問題視されている"あおり運転"って、昔からあったの?
煽られてしまいがちな運転4選

煽られていると感じたら「煽り運転」になる

高速道路 軽自動車

実際にはルームミラーいっぱいに後方からのクルマが映っているような状況を煽り運転というのだろうが、それにしても前方を走っているドライバーが、そのことに気付いていなければ「煽られている」とは感じないだろう。

少々、哲学的になるが、どんなに車間距離が短くても、前方のドライバーが煽られていると感じなければ煽り運転ではない。逆に、後方のドライバーは煽っているつもりはなくとも、前方のドライバーが煽られていると感じたら煽り運転にもなり得る。このあたり、ハラスメントと似た状況ともいえる。

「煽られているかどうかを確認する方法」を定義するのは難しい。客観的にいえば車間距離が短い状態ではあるが、運転している状態で後方との車間距離を正確に把握するのは、ほぼ無理といえるからだ。

たとえば、「車間距離●●mは煽り運転に認定する」といった判例があったとすると、●●mより1mでも車間距離を多めにとっていれば煽り運転にはならないと判断される可能性もある。しかし、そこでの1mの違いを運転しながら計測することは非現実的だ。

別の見方をすると、前方のドライバーが煽られていると感じるのと同時に、後方のドライバーに「煽ってやろう」という気持ちがなければ、純粋な意味での煽り運転は成立していないといえる。

たとえば、高速道路などで大型トラックに挟まれるように乗用車が走っていると、後方のトラックが車間距離を詰めてきたように感じることもあるだろう。これは、後方のトラックドライバーが、乗用車の前を走っているトラックに目を奪われ、そことの車間距離を適正にとろうとして錯覚的に起きてしまう現象だ。

このとき極端に車間距離が短くなっていれば、道路交通法では車間距離保持義務違反ということになろうが、ドライバーには煽る意思はなかったりする。前方不注意であることは間違いないが…。

なお、後方から近づくクルマにまったく気付いていないとすれば、それはそれで安全運転とはいえない状況だったりするのでNG行為となる。周囲に気を配るのはドライバーの役目だ。

不明なときの対応はどうすべきか?

さて、難しいのは車間距離が詰まっていると感じたときの対応だ。後方のドライバーに煽る意思がなく前方不注意で接近しているだけならばブレーキランプを点灯させるなどして、自車の存在を伝えればいい。

しかし、後方のドライバーに煽る意思があったならば不要なブレーキは、さらに怒りの感情を刺激してしまう可能性がある。そこで冒頭で記した警察庁が示す煽り運転を取り締まる際に適用する違反行為を見てほしい。

ここには『進路変更禁止違反』と『急ブレーキ禁止違反』とあるが、これはいずれも後ろから煽る行為ではなく、悪意を持って相手車両の前に出て行なう行為を想定したもの。そのレベルまで怒りの感情が高まってしまうと被害は大きくなってしまう可能性がある。

煽り運転をされているかどうかを判断するのではなく、煽られているかもと感じたら、どうにかして距離を置く、逃げることを最優先で考えるべきだ。

高速道度であればPA・SAに入るのもいいだろう。その際に、相手が追いかけてくるようならクルマのドアをロックして、携帯電話などで警察を呼ぶといった対応をしたい。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives