なぜ冬のフロントウィンドウは曇りやすいの?対策は?

フロントウィンドウが曇る原因

フロントガラス

クルマの窓ガラスの曇りは、車内と外気の温度差によって発生します。冬場は、外気温が低く、その一方で車内では暖房を効かせて温度を上げるため、結果としてほかの季節よりも温度差が大きくなり、窓ガラスに曇りが発生します。いわゆる結露です。

車内がまだ冷えているうちはなんでもないのですが、車内の温度が上昇するとフロントやサイドウィンドウが曇ります。曇りの正体は空気中の水分=湿度です。湿度は、人間の呼吸や発汗によっても高まり、冬場の車内はより曇りやすくなるのです。

では、車内の曇りを抑えるためには、どんな対策があるのでしょうか。

曇り対策①エアコンのスイッチをON

デフロスター

曇りが発生するメカニズムが、車の内外の温度差と湿度であるならば、それらを解消すれば曇りは抑えることができます。

エアコンがなく、暖房はヒーターだけだった時代には、サイドウィンドウや三角窓を開けて、外気を取り入れつつ車内の湿度を放出することで、曇り対策をしていました。

とはいえ、それではせっかく暖まった車内の空気を再び冷やしてしまうことになりますし、現代ではエアコンという文明の利器が標準装備されていますから使わない手はありません。

エアコンには湿度を下げる効果があり、さらに現在のクルマにはフロントウィンドウの下にデフロスターが用意されており、デフロスターのスイッチをONにすればフロントウィンドウの曇りはたちどころに解消されます。

そのほか、車内に流入する空気を外気導入にしておくのも、曇り解消の効果が望めますが、雨天時など外の湿度が高いときは、かえって車内の湿度も高めてしまうことになってしまいますので、注意が必要です。

曇り対策②曇り止め剤を利用する

曇り対策としておススメなのが、事前に曇り止めを塗布しておくことです。カー用品店では、ウィンドウの内側に噴霧するタイプの曇り止め製品が数多く販売されていますので、これらをあらかじめ塗布しておくと効果があります。

家庭用のシリコン配合タイプだと油膜になってしまい、夜間に視界が遮られてしまうこともありますので、ノンシリコンタイプもしくは自動車専用タイプを選びましょう。

なお曇り止め剤は、ガラスが汚れていると効果が弱まってしまいます。塗布する前には、しっかりと窓ガラスを掃除しておきましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives