24時間最大1,000円なのに3日間泊めたら2万円越えに!? コインパーキングのトラップとは?

最大料金が設定され、安心して使えるコインパーキングだけど…

コインパーキング

最近のコインパーキングは、多くのところで「当日最大料金」「24時間最大料金」などが表示されており、「それ以上とられない」と思えばこそ、安心して使ることができるのです。

60分400円のパーキングで、24時間最大1,000円というところであれば、3時間以上駐めれば一定額になるので、行楽やお買い物、食事などゆっくりできます。

非常にありがたいこの最大料金制度ですが、それによってトラブルが頻発しているようなのです。

日をまたいだ場合は要注意!

コインパーキング

1時間400円、24時間最大1,000円のパーキングに駐めたとして、24時間以内であれば当然1,000円で出庫できます。ところが、日をまたいで3日間駐めた場合、普通に考えれば1,000円×3ですから、支払い金額は3,000円と考えます。

しかし、実際に清算してみると、20,200円という表示が…!じつは最大料金は「1日限り・1回限り」とされているケースが多いのです。

その計算方法は、以下のとおり。
1日目…1,000円
2日目…1時間400円×24時間=9,600円
3日目…1時間400円×24時間=9,600円

つまり、3日間合計で20,200円の駐車料金になってしまうのです。

なぜこうしたケースが起きてしまうのか?

コインパーキング

ここ数年、こうしたトラブルが頻発しているとされています。その理由は、最大料金は1日限り・1回限りといったケースが多いためです。

利用者は、継続適用になっていると思いこみ、なんでこんな金額に!? となってしまうわけです。こうした1回限りの注意書きを大きく明記していないコインパーキングも多く、入庫前にちゃんとチェックしないとわからないというケースも多くみられるようです。

多額な駐車料金はもちろん払いたくないですし、こんな目に遭いたくはないですよね。いずれにしても駐車時には料金体系をよくよくチェックしておくことが重要です。

どうしても日をまたいで駐めなければならない場合

出張などでどうしてもクルマを数日間コインパーキングに駐めなければならない場合、やはり日をまたいでも定額で駐めさせてくれるパーキングを探すか、自身でクルマを動かせる状況であれば、1日1回清算しておくというのが予防策になろうと思います。

いずれにしても駐車の際は要注意、ですね。

時期によって料金が変化するパーキングもご用心!

コインパーキングは、深夜の時間帯、また土日祝日で料金体系が違う場合が非常に多いです。この点も注意する必要がありますが、普段使っているコインパーキングでも、特定の季節や時期になると、極端に値段が上がる場合もあるので要注意です。

海岸の近くなどは、海水浴シーズンに金額が上がる箇所があるでしょうし、また参拝客の多い神社仏閣周辺のパーキングも、年末年始の初詣シーズンに金額が跳ね上がるところがあるので注意が必要です。

非常に便利なコインパーキングですが、使用する時間、料金はしっかりと事前にチェックしてから上手に使いましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives