120年の歴史!ディーゼルエンジンの利点4つ

ディーゼルエンジンとは?

MINI 4気筒ディーゼルエンジン

ドイツの機械技術者ルドルフ・ディーゼルが、1892年に技術を考案した内燃機関エンジンです。シリンダーに吸入した空気を、高圧高温に圧縮して、そこに燃料として重油もしくは軽油を噴射し、自然発火させて爆発させ、動力を得るという仕組みです。

一方のガソリンエンジンは、シリンダー内に混合気(ガソリンと空気が混ざったもの)を吸入し、圧縮してから点火プラグで発火させ、爆発させます。この点火プラグは、ディーゼルエンジンにはありません。

ひと昔前までのディーゼルエンジンは、独特のガラガラ音や振動、真っ黒いススを吐き出していたため、「ディーゼルエンジンは環境に悪い」というイメージが定着してしまいました。

しかし、昨今のディーゼルエンジンは、目を疑うほどの技術進歩によって、ガソリンエンジンとの差は気にならないレベルにまで到達していると言えるでしょう。

では、具体的にディーゼルエンジンの良さはどんなところにあるでしょうか?

なぜ最近のディーゼルエンジンは昔より静かになったのか?

良い点① 燃費が良い

BMW X3 xDrive30d

ディーゼルエンジンは、空気のみを圧縮するので、圧縮比(圧縮始めの容積と圧縮後の容積との比)を高くする=馬力を出すことが可能です。ガソリンエンジンの場合、圧縮比を高くし過ぎると、ピストンが上死点(ピストンが最上位になる点)に到達する前に自然発火してしまい、異常燃焼を起こしてしまいます。

熱力学では、圧縮比が大きいほど熱効率が高くなります。言い換えると、送り込まれた燃料から取り出されるエネルギーが、熱によって損失してしまう割合が少なく済むということです。一般的にディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて2割程度燃費が良いといわれています。

良い点② 燃料が安い

ガソリン

ディーゼルエンジンが使用する軽油は、ガソリンを蒸留する過程で出来る燃料、いわば副産物のためガソリンよりも価格が安くなります。

資源エネルギー庁による石油製品価格調査の結果によると、2018年9月18日時点でのレギュラーガソリンの小売価格は153.7円/L、軽油は132.3円/Lと、その差は20円以上です。

一般的に、燃費が良いことと合わせて、燃料費が安く、ディーゼルエンジンのほうが経済的と言われます。

良い点③ トルクがある

ディーゼルエンジンは高圧縮のため、1回の爆発によるトルクが大きくできます。トルクとは、軸を回す力のことで、アクセルを軽く踏んだときから「ぐっ」と押し出されるような、力強い加速が得られます。

ただし、軽油はガソリンに比べて燃焼速度が遅いため、ディーゼルエンジンは高回転には向きません。とはいえ、低い回転数で十分な力が得られるので、多人数乗車や坂道発進時でも扱いやすく、同排気量のガソリンエンジンと比べて、力に余裕がある、と実感されている方も多いことでしょう。

"トルクフル"な走りとは、どういう意味?

良い点④ エンジンの耐久性が高い

ディーゼルエンジンは構造がシンプルで、高圧縮に対応するために頑丈に作られており、一般的にガソリンエンジンと比較して耐久性が高いです。
                                    
一般的な自家用車とは設計が違うので単純な比較はできませんが、 大型トラックや観光バスのディーゼルエンジンは50万〜100万km、なかには200万kmも走行する車輌もあるようです。

次ページディーゼルエンジンの今後は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives