国内自動車市場にインパクトを与えた!? 90年代後半の名車5選

ホンダ ステップワゴン(初代)

ホンダ ステップワゴン 初代

1990年代初頭、ホンダはFF小型車や、スポーツカー、スペシャリティといった車種をラインナップの主力に据えていました。しかし当時市場は、レジャービークル(RV)やSUVというジャンルが人気で、そのジャンルを持たないホンダは販売に苦しむことになります。

業績回復には、背の高いクルマやSUVを投入することが最重要課題となったわけですが、新ジャンルのクルマを開発・生産することが資金的に難しかったホンダは、既存車種をベースとして他のジャンルのクルマを開発します。

それらは、「クリエイティブ・ムーバー」という名称を使い、新しいジャンルのシリーズとして市場に投入されることになります。

その第3弾として1996年に発売されたのが、ミニバン「ステップワゴン」です。エンジンは2.0L DOHC、トランスミッションはコラム式4速ATのみ。

FFベースの低床プラットフォームのステップワゴンは、運転がしやすく、広い室内空間を確保。後部スライドドアは左側のみで、さらに後部ウインドウをポップアップ式にするなど、コストと重量削減のための工夫が随所になされています。

『子供といっしょにどこいこう』というキャッチコピーのCMで人気爆発。“家族の遠出や普段使いにも便利なんだ”と印象づけると同時に、手に入れやすい価格と実用面のバランスが功を奏し、大ヒットとなりました。

初代ステップワゴン 画像ギャラリー

マツダ デミオ(初代)

マツダ デミオ 初代

バブル期の多チャンネル化にともなう過剰投資が失敗し、90年代前半に経営不振に陥ってしまったマツダが、既存のコンポーネントをベースにしてミニバン市場に投入したのがデミオです。

オートザム レビューが用いていたプラットフォームをベースに、短期間・低予算で開発されましたが、全高をできるだけ高くして広々とした室内空間を確保しつつも、機械式駐車場に入れるよう1,550mmに設定して利便性を高めています。

またフルフラットにできるシートや、シンプルでボクシーなデザインが、道具としてのクルマの価値を高め、幅広いユーザーの支持を獲得しました。

世相を反映した無機質な内装と、基本設計の古さを感じる動力系は、普通ならデメリットになるポイントですが、デミオの場合は「クルマはこれでいいんだよね」と妙に納得させてしまう、バランスの良さを持っていました。

初代デミオ 画像ギャラリー

トヨタ ハリアー(初代)

1997年にトヨタが発売したクロスオーバーSUVです。カムリをベースとしたプラットフォームで開発されており、オンロード性能と高級セダンの快適性を追求した高級クロスオーバーSUVという新ジャンルを開拓したモデルです。

3ナンバーのボディサイズに、2.2L 直4DOHCと3.0L V6DOHCのエンジンラインナップと駆動方式はFFと4WDを用意。パワーシートや革巻きステアリング、HIDヘッドライトやJBLオーディオといった高級車としての装備を選ぶことができました。

このハリアーの成功は、それまでSUVを作らなかった高級車メーカーがクロスオーバーモデルを開発するようになるきっかけを与えたと言われるほどのものとなりました。

次ページ日産 キューブとトヨタ ヴィッツ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives