観覧車や電車があるところも!? SA/PAにある面白い設備3選

①サービスエリアに観覧車!?

刈谷ハイウェイオアシス 観覧車

現在、サービスエリア、パーキングエリアともに施設が充実してきており、かつてとは比較にならないほどです。ご当地グルメ、ショッピングはもちろん、温泉や足湯、湧き水など、もはや目的地として成立するといっていいほどの、存在感になっています。

このように充実し続けるサービスエリアには、なんと観覧車を備えたところもあるのです。2018年現在、全国で4か所となっているようです。

刈谷ハイウェイオアシス(新東名高速道路/愛知県刈谷市)

2004年に供用開始となった新東名高速道路の「刈谷ハイウェイオアシス」は、2016年度の年間入場者数905.4万人を記録。これは東京ディズニーリゾート、ナガシマリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次いで全国で4番目の数です。(綜合ユニコム調べ)

敷地内には、ショップやレストランのほか、天然温泉やその名称どおり充実設備のデラックストイレ、ゴーカートやメリーゴーランドを備えた公園などが揃っています。

ランドマークになっている観覧車は、高さ60メートル。利用料金は600円で、営業時間10:00~22:00となっています。

川島パーキングエリア(東海北陸自動車道/岐阜県各務原市)

東北自動車道の「川島パーキングエリア」は、高速道路、一般道路からもアクセス可能なオアシスパークに隣接したPAです。オアシスパークは、あのセガゲームスが中心となり、各務原市など地元自治体とともに民間主導型第三セクター会社としており、官民連携の施設の事例となっています。

ここにある大観覧車オアシスホイールは、冷暖房完備、ペットと一緒にも乗れる(※規定あり)という素敵な観覧車なのです。利用料金は650円で、営業時間は10:00~22:00です。

淡路サービスエリア(神戸淡路鳴門自動車道/兵庫県淡路市)

東海方面から四国に渡る最初の橋が、明石海峡大橋。その橋を渡りきった先にあるのが、淡路サービスエリアです。本州と四国の結節点にあるサービスエリアだけに、総施設の売り上げは東名高速の海老名SAにも匹敵するほどの規模となっているのだそう。

下り線にある観覧車からは、明石海峡大橋の美しい姿と対岸の神戸-垂水の景色を眺めることができます。利用料金は600円で、営業時間は9:00~21:00です。

富士川サービスエリア(東名高速道路/静岡県富士市)

2017年2月23日の富士山の日に誕生した富士川SA(上り)にある観覧車「Fuji Sky View(フジスカイビュー)」は、高さ60m、一周約12分の大観覧車です。昼間は富士山の絶景、夜は富士市街地の夜景を楽しめます。

なかでも、床面も壁面もすべて透明なゴンドラ「シースルーゴンドラ」が人気で、2017年10月の開業223(ふじさん)日目には、4台→8台に倍増しています。ただし乗る際は、女性の方は、スカートなど注意が必要です。

フジスカイビューの営業時間は10時〜21時で、利用料金は一般700円です。

②電車に乗れるサービスエリアもある!?

横川SA

写真提供:NEXCO東日本

先述のSA/PAエリアは、大規模化や集客のために観覧車や商業施設を併設した正常進化型、といえるものです。しかし違ったカタチで話題性を振りまくサービスエリアも存在するのです。

上信越自動車道の横川サービスエリア(上り線)には、なんと鉄道が施設の一部となっているのです。2009年3月26日にリニューアルを行った際、信越本線横川駅を再現したメモリアルコーナーが設置されました。このコーナーに、旧国鉄車両のキハ58系が設置され、その後部が客席風の休憩コーナーになっています。

国鉄時代のなんともノスタルジックな雰囲気に浸りながら、峠の釜めしをいただく。鉄道マニアならずともチェックしたい場所ですね。

③日本初「星の王子様パーキングエリア」

星の王子さまPA

写真提供:NEXCO東日本

日本全国には、さまさまな趣向を凝らしたSA/PAが存在するのですが、テーマパークのようなパーキングエリアは、関越自動車道の寄居PA(上り線)だけでしょう。

その名も「寄居 星の王子さまPA」。2010年6月にオープンし、南仏プロバンス地方の雰囲気を醸す建造物の数々が、ドライブの緊張から解放し、癒やしや安らぎを提供してくれます。老若男女問わずに愛される「星の王子さま」というコンセプトもじつに素敵ですよね。

SA サービスエリア

日本全国のサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスの数は、なんと合計873箇所あります。(2018年8月現在、日本サぱ協会調べ)

他にも珍しい施設など充実したところも多いでしょう。この夏、あなたのおすすめはどこでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives