車のルーフについている、サメのひれのような出っ張り。これってなに?

シャークフィンはF1から始まった

F1 シャークフィン

2017年シーズンのF1マシンには、車の後方側面のエンジンカバーからリアウィングにかけて、カーナンバーと巨大なスポンサー広告が描かれたシャークフィンが装着されていました。

このシャークフィンがF1に初めて登場したのは2008年、レッドブルのRB4が、リアウィングに当たる乱流を制御するために採用しました。F1の規約変更にともない、2010年を最後に一度その姿を消しましたが、2017年になって復活。

シンガポールGPでは、フォース・インディアが、先端に細かいうろこ状のパーツをつけたシャークフィンを搭載し、コーナリング時の気流制御に効果的だと評判になりました。

しかし、ふたたび2018年からはレギュレーションで禁止され、今シーズンは見ることができません。

シャークフィンのメリット

シャークフィン

シャークフィンには、フロントウィングやサスペンションで跳ね上げられて乱れた気流を、リアウィングに当たる前に整え、リアのダウンフォースを増加させる役目があります。

特に、コーナリング中にサイドから流れてくる気流を安定させてくれることで、マシンを制御しやすくなると言われています。

ドライバーによると「シャークフィンを搭載したマシンの方が、リアが安定している」とのことで、その効果は確実に感じられるようです。

耐久マシンはシャークフィン搭載が義務

1999年のル・マン24時間レースにて、メルセデス・ベンツCLRが、予選、決勝前練習走行、決勝レースと、3回続けてエアボーンクラッシュを起こしました。これは、車体底部に風が入り込み、車体が浮き上がってしまう事故です。

その後、2010年にもマシンが宙を舞う事故が発生。翌年からLMPクラスのマシンには、シャークフィンの設置が義務付けられることになります。

耐久マシンにおけるシャークフィンは、車両のスピン時にエアダムスポイラーとして機能し、空気の抵抗を利用して、車体が浮き上がり、簡単にスピンするのを防ぐ働きがあることから、この事故をきっかけに巨大なシャークフィンが義務付けられることになりました。

次ページ乗用車についているのは、シャークフィンアンテナ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives