車査定時のしつこい電話の対処法はある?手間がかからない買取業者も解説

電話 しつこい
ネットで車の一括査定を申し込むと、複数の買取業者から営業の電話がしつこくならないか不安な方もいるでしょう。

ただ、しつこい電話の対処法を知っておけば、ストレスを減らせる可能性が高いのも事実です。

また、選ぶ買取業者にこだわれば、電話対応も最低限で済むうえ、高価買取も目指せるでしょう。

本記事では、車査定時のしつこい電話の対処法や、おすすめの買取業者、一括査定サービスを解説します。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
なぜ車査定時の電話はしつこいのか?
車査定の電話がしつこい時の対処法
おすすめの車買取業者3選
しつこい電話がない一括査定業者ならMOTA車買取がおすすめ
車査定時のしつこい電話を防止するには問い合わせや利用する業者を工夫する

なぜ車査定時の電話はしつこいのか?

車査定時の営業電話がしつこいのには、しっかりとした理由があります。

それは、車買取業者ができるだけ多く車買取を行い、営業成績をあげたいと考えているからです。

早く電話をしないと他社で契約を決めてしまう恐れもあると考え、平日や休日関係なく電話がかかってくるケースもあります。

実際、車買取を申し込む人はできるだけ早く車を買い取ってもらいたいと考えている場合も多く、最初に電話がかかってきた業者に車を売るケースも多いです。

そういった事例から、あなたにつながるまでしつこく電話をかける業者が多いのが現状です。

こういった営業電話は、きっちりとした対処法を実行することで、その回数を減らすことができるでしょう。

ここからは、しつこい電話の対処法について解説していきます。

車査定の電話がしつこい時の対処法

車査定の電話がしつこい時の対処法は下記のとおりです。
車査定の電話の対処法
  • 遠回しに断らない
  • 断りにくい場合は車がなくなったと伝える
  • 21時以降に電話をかけてくる業者は相手にしない
  • 事前に話す内容を準備しておく
  • 査定の申し込み自体をキャンセルする
  • 営業電話が少ないサービスを利用する

遠回しに断らない

一度電話がかかってきて断った業者が、もう一度掛け直してくる場合は、あなたがはっきりと断りの文言を言っていないケースが考えられます。

例えば、「またお願いする時がありましたら、こちらからご連絡します」という文言は、もう必要ないという意味で言っていても完全に断っているわけではありません。

少しでも可能性があるなら、買取業者としては電話をかける選択をすることがほとんどでしょう。

断った業者からもう一度電話がかからないようにするためには、遠回しに断らず、はっきりといらないと伝えましょう

日程を後で決めたい場合は電話して欲しい日時を伝える

もし少し考えてから買取業者と話したい場合、「もう少ししたら連絡する」という言葉もあまり使わない方がいいでしょう。

買取業者としては、その間に他の買取業者と契約を交わしてしまわないか不安になってしまい、たくさん電話をかけてしまうことも考えられます。

そのため、後で電話したい場合は、きちんと再度電話をする時期を伝えるようにすると、電話の回数を減らせる可能性が高いです。

断りにくい場合は車がなくなったと伝える

「そうはいっても、はっきりと断るのには勇気がいる…」と考える場合は、「もう売却した」や「知り合いに譲った」など、車がすでに手元からなくなってしまったと伝えるのも1つの手です

いくら熱心な買取業者でも、車がないとわかった人に繰り返し電話をかける理由はありません。

また、嘘をついたと思われないよう、具体的な売却価格や経緯を聞かれても「お答えできません」ときっぱり断りましょう。

21時以降に電話をかけてくる業者は相手にしない

買取業者の中には、21時以降や早朝に電話をかけるところも存在します。

もし、そう言った業者だと発覚した場合は、すぐに取引を中止するか、着信拒否をしましょう。

なぜなら、優良買取業者のが属するJPUCでは、午後9時以降の電話を禁止する規則が設けられているからです。

21時以降に電話をかけてくる業者は、信頼して取引できない可能性があります。

事前に話す内容を準備しておく

査定の申し込みをする際には、自分が車をいくらで売りたいのかなど、事前に業者に話す内容を準備しておくようにしましょう。

なんとなく売りたいからと言って申し込んでしまうと、営業マンによって車を低価格で売るように誘導されてしまうことも考えられます。

いい条件で車を売りたい場合は、初めに電話口で対応するときに冷静に対処するようにしましょう。

例えば、売りたい時期や買取相場を考慮した希望売却価格などははっきりと決めておいた方が良いです

具体的な考えがまとまっていれば、買取業者のペースに釣られることなく、売却を進められる可能性が高いでしょう。

査定の申し込み自体をキャンセルする

一括査定サービスの中には、申し込み自体をキャンセルできるものもあります。

もし、とにかく早く電話を止めたい場合は、申し込みをキャンセルするのも1つの手です

申し込みをキャンセルしてから反映までにタイムラグがかかるため、すぐに電話がかからなくなることはありませんが、確実に電話を止められる手段の1つとして持っておきましょう。

営業電話が少ないサービスを利用する

通常の一括査定サービスでは、多くの電話がかかってきてしまいます。

そのため、MOTA車買取や車をオークションに出すサービスなど、そもそも営業電話が少なくなるサービスを利用するのも良い手です

査定の電話がたくさんかからないようにするには業者を絞ることも大切

車を売却する際に、買取業者からの連絡を少しでも減らしたい場合は、信頼できる業者を何社かに絞って問い合わせするようにすると良いでしょう。

なぜなら、たくさん査定してもらって高価買取を目指すにしても、闇雲に問い合わせをしてしまうと、営業がしつこい業者に巡り合う危険性が高まるからです。

一括査定サービスでも、査定を依頼する業者を絞れるサービスが多いです。

特に、自動的に電話をかける「オートコール」というシステムが導入されているビッグモーターやガリバーは注意が必要です

ここからは、おすすめの車買取業者についていくつか解説していきます。

おすすめの車買取業者3選

質の良い業者に車の査定をお願いしたい場合は、以下の3社がおすすめです。
  • カーセブン
  • ユーポス
  • カーネクスト

株式会社カーセブンデジフィールド

カーセブン

契約後の減額なし

カーセブンは契約後の減額が一切なく、キャンセル料が一切かからない、売主に優しい買取会社です

沖縄を除いた日本全国の出張買取や店舗買取に対応しており、手軽に利用できる買取業者でもあります。

また、車の買取だけでなく、買い取った車の自社販売も行っています。そのため、中間マージンが少なく、その分高価買取が期待できるでしょう。

査定サービスの申し込みも非常に手軽に行えます。

公式サイトで売りたい車の特徴を1分ほどで入力しさえすれば、あとは2営業日以内に来る電話やメールを待ち、査定方法を決めるだけです。

買取業者の中には、契約した時点でキャンセル料金が発生する業者もあるため、カーセブンは非常に良心的と言えるでしょう。

その上、成約した買取車両を引き渡した後も、7日間までなら無料でキャンセルが可能のため、後悔なく取引できる可能性が高いとも言えそうです。

なお、契約金の一部(契約金額の10%・5万円上限)を当日に前払いすることもでき、即金性も期待できます。

株式会社ロードカー

ユーポス

簡単入力で愛車の概算価格がわかる

ユーポスは全国広範囲に多くの店舗があり、沖縄県にも複数店舗展開している買取会社です。

ユーポスの特徴は、35秒程度の簡単な情報入力で売却する車の概算価格が把握できる手軽さにあります

また、買い取った車はすぐにオークションシステムに出品されます。

そのため、在庫を抱えることがなく、維持費等でかかる料金をそのまま買取金額に反映させることも可能です。

オークションシステムには多種多様の業者や顧客が存在しているため、キズのひどい車や事故車でも高額買取が実現する可能性もあるでしょう。

さらには、カーナビやサンルーフなどのオプションパーツから純正・カスタムパーツに関しても需要があり、買取が可能です。

公式サイトで情報入力と問い合わせが終われば、すぐに来店や出張査定で査定を行い、買取価格が提示されます。

提示価格に納得できれば、そのまま買取してもらいましょう。

買取金額は、車と必要書類を受領完了すれば、翌銀行営業日に振り込まれます。

新しい車に乗り換える際の資金にも充てられるでしょう。

株式会社カーネクスト

カーネクスト

どんな車も0円以上で買取!

カーネクストは「どんな車も買うわ!」というCMでおなじみの車買取サービスです。

長く走った車も、動かない車も、もちろん普通の車も0円以上で高価買い取りを謳っています。

電話で査定額がわかり、車を早く売れるため、車を早く手放したい人にもピッタリのサービスです。

しつこい電話がない一括査定業者ならMOTA車買取がおすすめ

MOTA

MOTA車買取

上位3社のみから連絡が来る

MOTA車買取は、高額査定を行ってもらえる業者のみとの連絡ですみ、業者とのやり取りを少なくできる一括査定業者です。

公式サイトで車種や年式などの簡単な情報を入力すると、翌日の18時に最大10社以上の買取業者から査定額が提示され、上位3社のみから電話がかかってくる仕組みです。

できるだけ手間を省きながら高価買取を目指したい方は、MOTA車買取を利用してみましょう。

通常の一括査定
オークション形式
提携買取業者数
500社以上
大手買取業者との提携
7社 / 8社中
同時査定依頼数
20社
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
-
対応地域
全国

車査定時のしつこい電話を防止するには問い合わせや利用する業者を工夫する

車査定時のしつこい電話の対処法や、おすすめの買取業者、一括査定サービスについて解説しました。

しつこい営業電話は、一括査定サービスを利用した際に、一部の業者からかかってくることが多いです。

そのため、最初に問い合わせをする買取業者を工夫して選んだり、あらかじめ電話がかかってくる業者数を減らしてくれる一括査定サービスを利用すると良いでしょう。

商品詳細