Nワゴン特別仕様車の荷室画像レビュー①|低フロアで使いやすい!?

新型シエンタ画像0034

ホンダのハイト系軽自動車のNワゴン(N-WGN)から
特別仕様車のSSクールパッケージが発売されましたね。

私も先日この特別仕様車SSクールパッケージを見た来たのですが、
フロントグリルが大きくオシャレでした。

また、Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージの内装・インテリアや
荷室・ラゲッジスペースのデザインは、ベースになっているカスタムと同じ。

しかし、他のホンダのNシリーズ同様にオシャレで
質感やデザインは、はるかに軽自動車のレベルを超えていました。

そんな、Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージの
荷室・ラゲッジスペースを紹介します。

※2015年8月18日の記事です。

荷室・ラゲッジスペースの奥行き 最小時

Nワゴン(N-WGN)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席の位置を
前後にスライドさせる事により、奥行きを調整する事ができます。

ちなみに、このクルマの後部座席のスライドは、
このストラップを使用して、荷室側から操作する事が可能です。

この心配りが良いですよね。

Nワゴン(N-WGN)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きを
一番小さくした時の状態は、このようになっています。

この状態では、さすがにちょっと狭いですね。
ただ、このようにすると後部座席の足元空間は広々。

荷室・ラゲッジスペースの奥行きを一番小さくした時の
Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージの足元空間は、
このようになっていました。

後部座席の足元の空間が広いので、とっても快適。
大柄な男性が後部座席に座るときには、このようにした方が良いかも
しれませんね。

Nワゴンの荷室の奥行き 最小時

Nワゴン(N-WGN)の後部座席の足元空間を犠牲にして、
一番荷室・ラゲッジスペースを広くしたときの様子は、
このようになっています。

先ほどに比べて、かなり荷室・ラゲッジスペースの奥行きが
広くなりましたね。

ディーラーさんの話によると、
この時の荷室の奥行きは、560mmになっているようです。

これなら旅行に行く際など荷物が多いときでも
十分に対応できると思いました。

ちなみに、このようにNワゴン(N-WGN)の荷室・ラゲッジスペースを
一番広くした時の後部座席の足元空間は、このようになっています。

仕方ないかもしれまえせんが荷室・ラゲッジスペースを優先した分、
Nワゴン(N-WGN)の後部座席の足元空間は、かなり狭い・・・。

子供なら十分な広さですが、この状態で大人が長時間座るのは
少し大変かもなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
床下収納(アンダーボックス)の画像レビュー

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ