Nボックス スラッシュのガソリンタンク容量は大きい?競合車と比較

ホンダのNシリーズの第4弾として発売されたファンキーな軽自動車
Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)が、新発売されました。

今回この新型モデルを試乗して良いと思ったのは、ガソリンタンク容量の大きさ。
競合車・ライバル車よりも格段に大きくなっていました。

このガソリンタンク容量の大きさはこのクルマの魅力の一つ。

そんなNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)と競合車の
ガソリンタンク容量の違いを比較してみたいと思います。

※2016年7月19日の記事です。

Chapter
Nボックススラッシュのガソリンタンク容量
Nボックス スラッシュの給油口のデザインもオシャレ

Nボックススラッシュのガソリンタンク容量

今回新発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)のガソリンタンク容量を
確認してみたところ、次のようになっていました。

■Nボックス スラッシュのガソリンタンク容量
2WD:35リットル
4WD:30リットル

また、Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)のガソリンタンク容量を
競合車でもあるスズキのワゴンRやダイハツのムーヴ/ムーブやキャスト、
日産デイズなど競合車・ライバル車と比較すると、次のようになっていました。

■Nボックス スラッシュと競合車のガソリンタンク容量比較
ホンダ Nボックス スラッシュ(2WD):
35リットル
スズキ ワゴンR(2WD):
27リットル
ダイハツ ムーブ(2WD):
30リットル
ダイハツ キャスト(2WD):
30リットル
日産 デイズ(2WD):
30リットル

このように競合車・ライバル車を比較すると、Nボックス スラッシュの
ガソリンタンク容量がいかに大きいかが分かりますよね。

ディーラーさんも言っていましたが、このクルマのガソリンタンク容量は、
軽自動車の中でも特に大きくなっており、コンパクトカーにも匹敵する
サイズになっているようですよ。

ガソリンタンク容量が大きいとガソリンスタンドに給油に行く回数が
減るので、時間と手間が省けるんですよね。なので、個人的にも大容量の
ガソリンタンク容量の方が好みです。

その分、燃費が悪くなるというデメリット・欠点もあるのですが・・。

ただ、個人的にはNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)のの大きい
ガソリンタンク容量は、とても良いと思いました。

Nボックス スラッシュの給油口のデザインもオシャレ

また、今回新発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)が
競合車・ライバル車よりも良いと思ったのは、給油口のデザイン。

このクルマの給油口は左後方に容易されているのですが、
このようなおしゃれなデザインになっています。

通常クルマの給油口のデザインは、ボディと同系色となっている事が多いですよね。
しかし、今回新発売されたNスラッシュ(N-BOX SLASH)の給油口のデザインは、
ホイールと同じデザインをしたメッキを採用。

この給油口のデザインがワンポイントになっていて、とても良いですよね。

ちなみに、こちらはNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の競合車・
ライバル車の一つのダイハツ キャストのデザイン。

サイドからの雰囲気が全く異なります。

個人的にはこのNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の給油口のデザインも、
競合車・ライバル車よりも格段にとても良いと思いました。

今回Nシリーズの第4弾として発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の
ガソリンタンク容量は、このようになっていました。

このように見比べてみると、ガソリンタンク容量が多いのがわかりますよね。

Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)は燃費が競合車・ライバル車よりも
劣りますが、1回の給油で走行できる航続可能距離は競合車よりも
負けてないのかなと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ