【実験】パッソのシートアレンジは何がある?色々と試してみた

トヨタからコンパクトカーの新型パッソがフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の特徴の一つが、室内の広さですよね。

特に広いと思ったのが、後部座席の足元空間。
このクルマには残念ながら後部座席のスライド機能が装備されて
いなかったのですが、それでも十分な足元空間の広さが備わっていました。

このように広いホイールベースを活かした居住性の良さはこのクルマの
魅力ですが、そこで気になるのはどのようなシートアレンジがあるかですよね。

私も新型パッソ(PASSO)ではどのようなシートアレンジがあるのか
気になっていたので、先日試乗をした際に色々と確認してきました。

※2016年5月11日の記事です。

Chapter
新型パッソのシートアレンジは何がある?
新型パッソのシートはフルフラットになる?

新型パッソのシートアレンジは何がある?

今回新発売された新型パッソ(PASSO)を試乗した時にシートアレンジを
確認してきたのですが、6対4分割方式になっているこのクルマの後部座席を格納するのみ。

ディーラーさんから教えて貰ったこのクルマのシートアレンジは、これのみ。

■後部座席に2人乗車時

■後部座席に1人乗車時

■後部座席に乗車無し

新型パッソには後部座席のリクライニング機能も前後スライド機能も
装備されていないので、基本的にシートアレンジは少ないようです。

ちょっとこれは残念ですよね。
個人的にはもう少しシートアレンジのバリエーションを
増やしてもらいたかったです。

新型パッソのシートはフルフラットになる?

このようにシートアレンジが少ない新型パッソ(PASSO)ですが、
ダイハツの人気軽自動車キャスト(CAST)のようにフロントシートの
背もたれを後部座席の座面部分に密着させるロングソファーモードが
できないか確かめてみました。

ちなみに私が以前キャストで行ったロングソファーモードは、このような感じ。

ソファーのように足を伸ばせて座れて快適そうですよね。

実際に新型パッソ(PASSO)のフロントシートを一番前までスライドして
一番後ろまでリクライニングするとこのような感じ。

そこでちょっとフロントシートのサイドにあるリクライニングレバーを
引きながら背もたれを押し込んでみると、このような感じ。

まだ若干新型パッソ(PASSO)のフロントシートの背もたれと後部座席の
座面がピッタリとフィットしていませんが、キャストのような
ロングソファーモードっぽくする事はできました。

実際に私はこの状態で後部座席に座ってみたのですが、思ったよりも快適。
ロングソファーモードとして十分に使う事は可能だと思いました。

ちなみにディーラーさんはこの方法については、
メーカーがおすすめしている方法ではないので、自己責任と言っていましたが・・・。

ただ、新型パッソ(PASSO)では出来ないと思っていたロングソファーモードが
このクルマで出来たのは好印象でした。

今回トヨタから新発売された新型パッソ(PASSO)のシートアレンジを
確かめたところ、このように若干少なめ・・・。もう少しシートアレンジが
多い方が良いと思いました。

ただ、裏ワザ的な方法ではありましたがダイハツの軽自動車
キャスト(CAST)のようなロングソファーモードをする事ができたのは好印象でした。

ちなみに、この新型パッソ(PASSO)でロングソファーモードをするのは、
それほど難しくありません。

ディーラーさんは嫌がるかもしれませんが、もしこれから
このクルマを試乗する際はこのロングソファーモードも試してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ