シートデザイン&素材の違いは!?|キャスト アクティバとスタイル比較4

キャストアクティバ画像0084

2015年9月9日にダイハツから3つの異なるスタイルを持つクルマ
新型キャスト(CAST)が新発売されましたね。

私も先日もうすでに発売されているキャスト アクティバ(ACTIVA)と
スタイル(STYLE)を見に行ってきました。

キャスト アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の基本的な
デザインはほぼ一緒。

ただ、ガーニッシュのデザインやフォグランプのデザインを
変更する事によって、見事に別のクルマに仕上げているように感じました。

そんなキャスト アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)ではインパネので
シートのカラーだけでは無く、素材や肌触りも異なりました。

※2015年9月29日の記事です。

違い2. セカンドシートのデザイン&素材の違いを比較

セカンドシートのデザインも基本的にはフロントシートと一緒。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のセカンドシート・後部座席のシートの
デザインは、このようになっています。

カラーもフロントシートと全く同じでブラック×ライトグレーカラー。
また、素材もまったくフロントシートと変わらず全面ファブリック素材を使用。

このキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のセカンドシートに座ってみると、
凸凹としたシートデザインを実際に感じる事が出来てなかなか面白い
座り心地でした。

また、このクルマの後部座席は座面が広くゆったりと座れるのも好印象でした。

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の後部座席にはアームレストが
装備されておらず、また、座面もフラットなので、急カーブを曲がった時は
少し身体が横にズレるのかな!?と、思いました。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)のセカンドシートのデザインは、
このような感じ。

こちらもフロントシートと同様のデザインになっていました。
また、シート素材も肌触り&触り心地の良いスエード調の素材になっていました。

このセカンドシート・後部座席もフロントシート同様に肌当たりが良いので、
座ったときの感触も良かったです。

ちなみに、こちらがオプションのホワイトレザー調シートの後部座席は
このようになっていました。

やはり質感も座り心地もこちらの方が良かったです。

このように新型キャスト(CAST)のアクティバとスタイルではシートの
デザインは同じものの、カラーや素材が異なっていました。

シートに使用されている素材が異なるので、座ったときの感触や感覚も
多少異なります。

デザインは同じですが座り心地や肌触りが全く異なるので、
シートの座り心地や肌触りもしっかりと確認した方が良いと思いますよ

ちなみに、個人的にはスエード調のキャスト スタイル(CAST STYLE)の
座り心地の方が好みでした。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ