KF-VETターボ搭載のキャスト スポーツ…圧倒的な応答性を持つ「7速CVT」の実力とは?

3種類が用意されていた「ダイハツ・キャスト」の3番目のモデル「キャスト・スポーツ」は、7速CVTをはじめとした「走り」のモデルです。
積極的に宣伝されていないとはいえ、「ソニカ」以来の「軽グランツーリスモ」であるキャスト・スポーツの魅力に迫ります。

Chapter
「キャスト」はダイハツの欠けたピースの集合体
それぞれに欠けたピースを当てはめた「キャスト」
10年以上前からのダイハツが取り組む「一人何役」
キャスト・スポーツの最新エンジンとMTが無い理由
MT無しを補って余りある7速CVTの制御
まとめ

「キャスト」はダイハツの欠けたピースの集合体

まず「キャスト」の根本的なコンセプトは、「ミラジーノ」から「ミラココア」に至る軽レトロ調ファミーカーがまず一つです。次に「リーザ」「オプティ」に続き、「ソニカ」で一旦途切れた軽GTスペシャリティカー路線が二つ目になります。

さらに「ミラTR-XX」に始まり、新規格以降も「ミラAVY」や「ミラカスタム」として存続していた軽スポーツハッチバック路線が三つ目です。そして最後に、テリオスキッド一代で途絶えたヘビーデューティー軽SUVと、ネイキッド一代で途絶えたソフト軽SUV路線を統合した四つ目、これらを全て一つの車種でまとめ、廃盤などで欠けていったパズルのピースを集めたのが「キャスト」です。

それぞれに欠けたピースを当てはめた「キャスト」

完成した「キャスト」には、それぞれ一つか二つ、欠けたパズルのピースがある3台のモデルがありました。
「キャスト・スタイル」には「ミラココア」や「ムーヴラテ」のピースを。
「キャスト・アクティバ」には「テリオスキッド」と「ネイキッド」のピースを。
「キャスト・スポーツ」には「ソニカ」や「ミラカスタム」のピースをはめ込んだのです。
そして、はめこまれたピースがそのまま、各モデルの特徴になりました。

次ページ
カタログには表れない基本仕様