KF-VETターボ搭載のダイハツ キャストスポーツ 圧倒的な応答性を持つ「7速CVT」の実力とは?

ダイハツ キャストスポーツ

今回は、ダイハツ キャストスポーツ(DBA-LA250S/DBA-LA260S)の魅力について紹介します。

2015年9月発売のダイハツ キャストにはスタイル、アクティバ、そしてスポーツの3種類のモデルが用意されていました。キャストスポーツは、7速CVTをはじめとした「走り」のモデルです。

積極的に宣伝はされておらず、残念ながら2020年3月には生産終了してしまいましたが、ソニカ以来の「軽グランツーリスモ」とも言えるキャストスポーツ。今回はその魅力に迫りたいと思います。

Chapter
「キャスト」はダイハツの欠けたピースの集合体
それぞれに欠けたピースを当てはめた「キャスト」
ダイハツ キャストスポーツのスポーティーさの漂うエクステリア
ダイハツ キャストスポーツの個性と高級感を合わせ持つインテリア
10年以上前からのダイハツが取り組む「一人何役」
キャスト・スポーツの最新エンジンとMTが無い理由
ダイハツ キャストスポーツの7速CVTの優れた制御

「キャスト」はダイハツの欠けたピースの集合体

キャストは3種類のラインアップから、様々な側面を持ちます。まず1つ目がミラジーノからミラココアに至る軽レトロ調ファミリーカー。次に、2つ目はリーザ、オプティに続き、ソニカで一旦途切れた軽GTスペシャリティカー路線。

それから、3つ目がミラTR-XXに始まり、新規格以降もミラAVYやミラカスタムとして存続していた軽スポーツハッチバック路線。そして最後に、4つ目がテリオスキッド一代で途絶えたヘビーデューティー軽SUVと、ネイキッド一代で途絶えたソフト軽SUV路線の統合です。

これらのコンセプト全てをひとつの車種でまとめ、廃盤などで欠けていったパズルのピースを集めたクルマがキャストとも言えます。

それぞれに欠けたピースを当てはめた「キャスト」

キャストスタイルにはミラココアやムーヴラテのピースを。
キャストアクティバにはテリオスキッドとネイキッドのピースを。
キャストスポーツにはソニカやミラカスタムのピースを、それぞれはめ込んだ、キャストはそんな風にも見えます。そして、はめこまれたピースがそのまま、各モデルの特徴になりました。

残念ながら、この3つのモデルのうち、キャストアクティバとキャストスポーツは2020年3月で生産終了となってしまい、現在はキャストスタイルだけが残っています。

<次のページに続く>
次ページ
ダイハツ キャストスポーツのスポーティーさの漂うエクステリア