シートが良いのはどっち?アルトワークスとキャストスポーツ比較

新型アルトワークス画像0010

スズキから15年ぶりに新型アルトワークス(Alto Works)が発売されましたね。

今回久しぶりに復活した新型アルトワークス(Alto Works)ですが、
ダイハツから発売されたキャストスポーツ(CAST SPORT)と比較する人が多いようです。

やはり4人乗りの軽スポーツハッチバックと言うことが大きいのかもしれませんね。
ただシートの作りやこだわりに関しては、この2台のクルマで全く異なりました。

今回新発売された新型ワークスとキャストスポーツのフロントシートと後部座席では
どちらの方がかいてきだったのか、徹底的に比較してみたいと思います。

※2015年12月30日の記事です。

新型アルトワークスの後部座席

スズキの新型アルトワークス(Alto Works)の後部座席は、このような
デザインになっています。

このクルマの後部座席はシートカラーは異なるものの、
ベースとなっている新型アルトターボRSと全く同じデザインになっています。

ただ、新型アルトワークス(Alto Works)の後部座席はちょっと座りづらい。

背もたれのサイズが大きいのは好印象だったのですが、
フラットなデザインになっているのでサポート力はイマイチ・・・。

また、座面も適度に後ろ下がりになっているものの、フラットなつくりに
なっているので、フィット感や座り心地があまり良いように感じませんでした。

特に気になったのは、急カーブを曲がったとき。
この新型アルトワークスはサポート力が弱いのでカーブを曲がった時、
姿勢が大きく傾くのが気になりました。

また、後部座席のリクライニング機能やスライド機能も装備されていない点も
個人的にはマイナスポイントでした。

キャストスポーツの後部座席

一方、ダイハツのキャストスポーツ(CAST SPORT)の後部座席は、
このようになっています。

キャストスポーツ(CAST SPORT)も新型アルトワークス(Alto Works)と同様に
フラットな背もたれと座面になっています。

しかし、コチラの車の方が背もたれや座面に適度な凹凸があり、
フィット感はよく感じ感じました。

また、リクライニングや足元空間を調節できるスライド機能などが
装備されているのもキャストスポーツ(CAST SPORT)の魅力の一つ。

後部座席の座り心地・快適性では新型アルトワークス(Alto Works)よりも
キャストスポーツ(CAST SPORT)の方が良いように感じました。

この2台のクルマのシートを比べてみると、フロントシートはレカロシートを
採用している新型アルトワークスの方が圧倒的に良かったです。

しかし、後部座席に関してはキャストスポーツの方が快適に感じました。

この2台のクルマはシートのデザインや機能が全く異なるので、
試乗する際はフロントシートだけではなく、後部座席の座り心地も
しっかりと確認した方が良いと思いますよ。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ