内装のデザインの3つの違い|アルトワークスとアルトターボRS比較2

2016年初旬に遂に新型アルトワークス(ALTO WORKS)が
復活するみたいですね。

2015年に新型アルトをベースにしたスポーティーモデルが発売されると
話題になりましたが、その時は残念ながらワークスモデルとしてではなく
“新型アルトターボRS”として発売。

その時からワークスモデルの復活の声が大きかったですが、お客さんの
要望を受けて新型アルトワークス(ALTO WORKS)が遂に発売される事になりました。

今度新発売される新型アルトワークス(ALTO WORKS)のベースのデザインは、
新型アルトターボRSと全く同じになっているものの、さらにスポーティーな
デザインに・・・。

そこで新型アルトワークス(ALTO WORKS)と新型アルトターボRSの内装・
インテリアの大きな3つの違いを紹介したいと思います。

※2015年11月18日の記事です。

Chapter
違い1:シフトレバーの位置&デザイン
違い2:インパネのカラー
違い3:シートが専用のデザインに・・・

違い1:シフトレバーの位置&デザイン

まず新型アルトワークス(ALTO WORKS)の一番の特徴と言えば、
マニュアル車の設定がある事ですよね。

これはかなり嬉しいですよね。
新型アルトターボRSは、セミマニュアルの”AGS”しか用意されていなかったので・・・。

これに伴い今度新発売される新型アルトワークス(ALTO WORKS)では、
シフトレバーの位置が新型アルトターボRSと異なっていました。

マニュアルになった新型アルトワークス(ALTO WORKS)は、フロア配置のフ
ロアシフトを採用。
実際に見ると、このようなデザインになっています。

赤いステッチが入っていて、かなりオシャレなデザインだと思いました。
また、実際に少しだけシフトレバーを操作したのですが、手にピッタリと
フィットする感じが好印象でした。

一方、現在発売されている新型アルトターボRSのシフトレバーは、
このようにインパネ内に装備されているインパネシフトを採用。

やはり新型アルトワークス(ALTO WORKS)に採用されているフロアシフトの方が
使い勝手は良いように感じました。

ちなみに、今度発売される新型アルトワークス(ALTO WORKS)では
インパネシフトにしたことにより、ドリンクホルダーが一つのみ・・・。

新型アルトターボRSに比べてドリンクホルダーの数が少なくなっているので、
ご注意を・・・。

違い2:インパネのカラー

また、新型アルトワークス(ALTO WORKS)と新型アルトターボRSを比べると、
インパネのカラー&デザインが異なります。

今回新発売される新型アルトワークス(ALTO WORKS)は、このように
ブラックカラーを採用。

一方、もうすでに発売されている新型アルトターボRSは
このようなデザインのインパネデザインに・・・。

ワークスと同様にブラックが基調になっていますが、アクセントカラーに
レッドが入っています。
送風口やハンドルのステッチになどワンポイントで赤が入っていて、
オシャレなデザインに・・・

カラーが違うだけでインパネの雰囲気が全く異なりますよね。

ただ、ブラック一色になっている新型アルトワークス(ALTO WORKS)の方がより
ワイルド&スタイリッシュな印象を持ちました。

また、新型アルトワークス(ALTO WORKS)のインパネ中央部分、つまり、
新型アルトターボRSのシフトレバーが装備されていた部分どのように
なっていたのか気になりますよね。

確認してみたところ、このように大き目の収納ボックスになっていました。
タバコなどを置いておくのに良さそうですよね。

なので、新型アルトターボRSよりも収納スペースは、多いように感じました。

違い3:シートが専用のデザインに・・・

また、新型アルトワークス(ALTO WORKS)と新型アルトターボRSの大きな
違いの一つが、シートのデザイン。

新型アルトワークス(ALTO WORKS)はこのようにレカロシートを採用。

サイドのサポートもしっかりとしていて、座り心地はバツグン。

このレカロシートは横幅が小さいワークスにもピッタリと収まるように
専用のデザインになっているようですが、背もたれのサイズも十分で
軽自動車のシートとは思えない座り心地になっていました。

軽自動車では珍しいこのレカロシートは、新型アルトワークス(ALTO WORKS)の
大きなメリットだと思いました。

一方、新型アルトターボRSのシートはこのようなデザインになっています。

この新型アルトターボRSのシートも専用のデザインになっており、
ベースとなっている新型アルトよりもサイドサポートも拡大し、また、
高度もアップしているようです。

しかし、新型アルトワークス(ALTO WORKS)に装備されている
レカロシートと比べると、座り心地・サポート力も若干劣る感じがしました。

特に違うと思ったのは、腰のサポート力。
新型アルトワークス(ALTO WORKS)のレカロシートの方が腰をしっかりと
支えている感じがして長時間運転しても疲れない感じがしました。

このように一見似ている2台のクルマですが、
内装・インパネは様々な部分で違いがありました。

ただ、さらに走りに特化した新型アルトワークス(ALTO WORKS)の方が
内装・インテリアのデザインもスポーティーになっているように感じました。

特に専用のデザインになっている新型アルトワークス(ALTO WORKS)の
レカロシートは、良いと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ