タイヤは違う?アルトワークスとキャストスポーツを比較

新型アルトワークス画像0010

2015年12月に15年ぶりに復活となる新型アルトワークス(Alto Works)が
発売されましたね。

この新型アルトワークス(Alto Works)の走り心地・走破性はかなり
良くなっているのですが、ディーラーさんに話を聞くと、ダイハツから
発売されたキャスト スポーツと比べる人が多いようです。

たしかにキャスト スポーツ(CAST SPORT)も”4人乗りコペン”と言われるくらい
走破性・走り心地にこだわっていますからね。

そこで気になるのは、この2台に装備されているタイヤメーカーやブランドですよね。
この2台のクルマに装備されているタイヤメーカーやサイズを比較してみました。

※2016年1月1日の記事です。

試乗をして乗り心地に違いは感じる?

私は標準装備されているアドバン(ADVAN)を履いたキャスト スポーツを
試乗したのですが、タイヤが異なるためか新型アルトワークス(Alto Works)と
乗り心地が全く異なりました。

特に違うと思ったのは、急カーブをした時のグリップ感。

個人的な好みもあると思いますが、新型アルトワークス(Alto Works)に
採用されている”ポテンザ RE050A”の方が、ぐっと地面を掴んでいる感覚が
好印象でした。

一方、ヨコハマタイヤのアドバン(ADVAN)はもう少し柔らかい感じ。

このタイヤの違いは意外と大きいと思いました。

このように新型アルトワークスとキャスト スポーツでは、搭載されている
タイヤメーカー&サイズが異なるため、乗り心地も多少異なります。

もしこの2台のモデルでどちらのクルマにしようか迷っているなら
両方とも試乗して乗り比べてみてはいかがでしょうか?

乗り心地の違いを楽しめると思いますよ。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ