東京オートサロン2016トヨタ体験レポ、S-FRレーシングにビックリ

東京オートサロン2016

2015年1月15日から開幕している東京オートサロン2016に行って来ました。

私は開幕日となる1月15日の特別入場日に行って来たのですが、それでも大賑わい。各自動車メーカーも積極的に参加しており、例年以上の盛況ぶりでした。

そして、トヨタでは”GAZOO Racing(ガズーレーシング)ブース”を用意し、注目のS-FRレーシングや86GRMNを展示。

また、それ以外にもトヨタのクルマの純正アクセサリーを取り扱っているモデリスタ(MODELLISTA)やTRDのブースも別に用意していました。

個人的に特に良いと思ったは、S-FRレーシングコンセプト!そんな東京オートサロン2016トヨタのブースの様子や展示してあった注目車種を紹介したいと思います。

2016/1/16

注目車種2:FT-1が日本初登場

また、トヨタのブースでS-FRレーシングコンセプトと同様にお客さんの注目を集めていたのが、赤い鮮やかなカラーが目立っていたFT-1。

2014年に北米のオートショーで初公開されたトヨタFT-1ですが、今回が国内初出展。

これは2002年に惜しまれつつも生産終了となってしまったスープラの後継車種と言われているクルマ。

このことも影響してか多くのお客さんで賑わっていました。

今回初めて次期スープラと言われているトヨタFT-1を見たのですが、ロングノーズでかなり押し出し感のある迫力のあるデザイン。

また、滑らかな流線的で艶やかなデザインになっているのが、印象的。

今回の東京オートサロン2015に出展れたトヨタFT-1は、コンセプトカーなので、このままのデザインで発売されるとは限りません。

ただ、このままのデザインで発売されるのなら、かなり売れ行きは良いのかなと思いました。

また、実際にこのトヨタFT-1を見てちょっと残念だったのは、ボディサイズやトランスミッションなどのスペックの記載が何も無かったこと・・・。

トヨタのスタッフの人に話を聞いても、「ボディサイズなどスペック公表できません。」と、軽く軽くあしらわれてしまいました・・・。

できたら東京オートサロンに展示してあったトヨタFT-1の事をもう少し知りたかったです。

注目車種2:ヴォクシーG’s&ノアG’sの発売決定

また、S-FRレーシングコンセプトやFT-1などのコンセプトカーと並んで注目を集めていたのが、ヴォクシーG’s&ノアG’s。

2014年1月にノアヴォクがフルモデルチェンジして以来、G’sのラインナップから消えていましたが、今回の東京オートサロン2016で復活。

このG’sモデルの復活を楽しみに待っていた人たちでヴォクシー(Voxy)やノア(Noah)の周りも賑わっていました。

そんなヴォクシーG’s&ノアG’sのそれぞれのデザインは、このようになっていました。

■ヴォクシーG’s

ヴォクシーG’sはベースになっているモデルと同様に上下2段に分かれたヘッドライトを採用。

また、フロントグリルやフロントバンパーが専用のデザインになっており、さらに押し出し感が強くワイルドなデザインに・・・。

新型ヴォクシーは人気車種なので街中にあふれていますが、他の人よりも目立ちたいクルマに乗りたい方にはこのG’sは改めて良いと思いました。

■ノアG’s

一方、比較的上品な雰囲気のあったノアもワイルドに変身。

ヘッドライトのデザインなどベースとなっているノア(Noah)の雰囲気はそのままに上手に高級感とワイルドさを融合させたようなデザインになっているような気がしました。

また、ボディ下部に装備されているイルミネーションランプもアクセントになっていて良いデザインだと思いました。

G’sの内装・インテリアも専用デザイン。

今回復活したヴォクシーG’s&ノアG’sはかなり期待がモデルデザインになっているような気がしました。

ちなみに、トヨタのスタッフに聞いたところによるともうすでに発売日・発表日は決定しているようですよ。

今回東京オートサロン2016のトヨタのブースは、このように話題の車種・注目の車種がたくさん展示してありました。

今回東京オートサロン2016に出展されていたヴォクシーG’s&ノアG’sの発売も決定していますし、今回も出展されていたプリウスをベースにしたSUV”C-HR”も発売予定となっています。

2016年もトヨタの勢いはとどまる事はなさそうですね。