【東京オートサロン 2017】86/BRZ用の2.4リッターキットをモンスタースポーツから発売!

「モンスター田嶋」こと田嶋伸博氏が営む「タジマ・モーター・コーポレーション」。ラリー競技の強い味方である同社から、モンスタースポーツの86/BRZ用のボアアップキット&コンプリートエンジンをクローズアップ。

Chapter
パワー不足への1つの解決策
モンスタースポーツの画像ギャラリー

パワー不足への1つの解決策

【東京オートサロン2017】monster sports

広い世代にヒット中の86/BRZ。街乗りからグラベル、ターマックの各方面のレースに活躍する人気車種でもあるが、競技の面では大排気量のスポーツカーと比較すると2リッターということもありパワー不足を感じている人もいるのでは?

そんなフラストレーションをお持ちの方にグッド・ニュース。2.4リッター化キットが今回のオートサロンで展示されました。

もともとのエンジンでは1998ccの FA20エンジンのボアストロークを、2367ccまで広げ、トルク&パワーアップを実現。86/BRZでのチューニングをしている人で、ボアアップまでやる人は少数で専用のキットもなかったなか、先陣を切ったのが同社でした。

数値の面では
・パワー 186psから243ps
・トルク 20.4kgから26.2kg
という変貌を遂げるので、体感するパワー&トルク感も一味違ったものに。

近い将来このボアアップキットを使い2.4リッター化された86/BRZが、グラベル(未舗装路)競技の車両にはもちろんのこと、ターマック(舗装路)でのジムカーナ、ドリフト競技でも猛威を振るうことになるでしょう。

また、キットとしての販売もありますが、2.4リッター化されたコンプリートエンジンとしての販売も秒読み段階とのこと。今後の動向に目が離せませんね。

次ページ
モンスタースポーツの画像ギャラリーはこちら!