トヨタ シエンタ (2代目) ハイブリッドの試乗感想①|加速力は良い!けど…。

トヨタ シエンタ 2015

今回は2代目シエンタ(6AA-NHP170G)のハイブリッド車の試乗感想をご紹介します。
2015年にトヨタから発売されたコンパクトミニバンの2代目シエンタ。2003年に登場して以来、初のフルモデルチェンジということもあり販売当時、大きな注目を集めました。
シエンタのガソリン車とハイブリッド車の両方のクルマを試乗するため、メガウェブに行ってきました。

2015/7/15

Chapter
試乗したのは最上位グレード
トヨタ シエンタ (2代目)とはどんなモデル?
トヨタ シエンタ (2代目)の走行性能は?
シエンタ ハイブリッドの試乗スタート
シエンタ 加速力より気になった事とは・・・。

試乗したのは最上位グレード

今回ハイブリッド車で試乗させてもらったのは、最上位グレードの”ハイブリッドG”そして、カラーは、オプションのフレックストーンが装備された“エアーイエロー×ブルーメタリック”

このカラーの組み合わせは初めてみたのですが、正直に言って・・・筆者の好みではありませんでした・・・。「このカラーの組み合わせは、無いわ~」と、思いながらシエンタのハイブリッド車の試乗をスタート!

実際にシエンタを試乗してみて、クリープ現象の強さや加速力など、思ったよりも良かった部分もあったのですが、「アレっ!?これはイメージと違ったな~」と思うこともありました。

なので、シエンタ ハイブリッド車の試乗をした筆者の、ウソ偽りのない辛口の感想&インプレッションを紹介したいと思います。

トヨタ シエンタ (2代目)とはどんなモデル?

試乗の感想をお伝えする前に、シエンタはどんなクルマなのか、人気の理由とはどこにあるのかを少し紹介したいと思います。2代目シエンタは、「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」を開発コンセプトとして作られ、幅広いユーザーに向けた、こだわりが詰まったモデルとなっています。

その一つにボディサイズが挙げられます。全長4,235mm×全幅1,695mm×全高1,675mmという数値はミニバンとしてはコンパクトで、5ナンバーサイズに収まっています。それでいて車内はゆったりとした広さを持ち、3列シートを採用し最大7人まで乗車できることが特徴です。2018年には車中泊利用がしやすい3列目シートをなくした5人乗り仕様も登場しています。

また、どこに座っても収納場所に困らないほどの充実した収納機能や、シートアレンジをフラットにすれば、マウンテンバイクを2台積める広いラゲッジルーム(荷室)など、使い勝手が抜群なのも魅力です。

さらに、地上からフロアまでの高さが初代シエンタよりも55mm低い330mmと設定されていて、乗り降りのしやすくなっています。電動スライドドアも採用されているので、お子さんからご年配の方まで、だれもが使いやすいという点も人気の理由でしょう。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ シエンタ (2代目)の走行性能は?