安全面が不安|ランクルプラド ディーゼル車の欠点①

トヨタ店から大型SUVランドクルーザープラド(ランクルプラド)のディーゼル車が発売されましたね。

私もランドクルーザープラド(ランクルプラド)のディーゼル車の乗り心地や加速力が気になり、早速ディーラーに行き、試乗をさせてもらいました。

ランドクルーザープラド(ランクルプラド)は本格的なSUVだけあって車体重量があります。なので、発進時に車体重量を感じましたが、加速力やパワーは、街中を運転する分には十分でした。

ただ、このランドクルーザープラド(ランクルプラド)には欠点が・・・。それはこのクルマの安全面。

2015/6/25

Chapter
ランクルプラドの安全面は大丈夫?
自動ブレーキシステムのみ装備可能!?

ランクルプラドの安全面は大丈夫?

トヨタ ランドクルーザー プラド 2015

私が気になったのは、ランドクルーザープラド(ランクルプラド)には、“トヨタセーフティセンス”が装備できない事。

トヨタ ランドクルーザー プラド 2015

このトヨタセーフティセンスとは、自動ブレーキなどを含むトヨタの最新の安全システムの事。

トヨタでは、自動ブレーキなど安全装備の面では一番消極的で遅れをとっていました。

しかし、ようやく新型ヴェルファイア(Vellfire)など最近発売したクルマやモデルチェンジをしたクルマには、トヨタの最新の安全装備システムの“トヨタセーフティセンス”が装備される事が多くなってきました。

なので、ランドクルーザープラド(ランクルプラド)にも“トヨタセーフティセンス”が当然装備されていると思っていたのですが・・・。残念ながら”トヨタセーフティセンス”は装備する事は、できないようです。これはちょっと残念ですよね。

ランドクルーザープラド(ランクルプラド)では、ディーゼル車だけでは無く、マイナーチェンジ後のガソリン車でも”トヨタセーフティセンス”を装備する事はできないようです。

ちなみに、どうやら2015年8月17日にマイナーチェンジをして発売されるランドクルーザー200には、”トヨタセーフティセンス”が装備されるようです。

ランドクルーザー200よりも、小型で街乗り目的で使用する人が多いランクルプラドの方が、”トヨタセーフティセンス”の需要は多いと思うのですが・・・

自動ブレーキシステムのみ装備可能!?

“トヨタセーフティセンス”を装備する事は不可能なランドクルーザープラド(ランクルプラド)。

しかし、ディーゼル車の最上位グレードのTZ-Gグレードのみですが、自動ブレーキシステム(プリクラッシュセーフティシステム)をメーカーオプションで装備する事が可能のようです。

なので、ガソリン車やディーゼル車の中間グレードの“TX Lパッケージ”や5人乗りのTXグレードでは、装備する事ができません。

トヨタ ランドクルーザー プラド 2015

自動ブレーキシステム(プリクラッシュセーフティシステム)は、最近の安全システムの注目の機能です。

自動ブレーキシステムがランクルプラドに装備する事が可能だったら、最上位のTZ-Gグレードだけでは無く、せめて売れ筋グレードのTX Lパッケージにも装備できるようにしてもらいたかったですよね。

ランドクルーザープラド(ランクルプラド)は、良いクルマだと思ったのですが、トヨタセーフティセンスなど安全装備機能がないのは、ちょっと残念でした。

事故を起こしてしまったときのリスク(参考:バイクの自賠責「交通事故と違反点数」)を考えると、「トヨタセーフティセンスが付いているかどうか」は、車を選ぶ際の大きなアドバンテージと言えるでしょう。

ちなみに、このTZ-Gグレードに装備が可能な自動ブレーキ機能の価格は、レーダークルーズコントロールとセットで151,200円になっているようです。装備をするにしても、ちょっと高めですね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報