ラゲッジスペースの使い勝手を徹底解説|シャトルの荷室①

ホンダ シャトル 2015

先日ホンダから発売されたステーションワゴンのシャトル(Shuttle)を見に行ってきました。

今回発売されたシャトル(Shuttle)の特長と言えば、やはり広い荷室・ラゲッジスペースですよね。

見た目的には先代モデル荷室・ラゲッジスペースとそれ程変わらないと思ったシャトル(Shuttle)の荷室・ラゲッジスペースですが、荷室容量は格段にアップしたようですね。(実は荷室サイズも若干大きくなっているみたいですが・・・)

そんなシャトル(Shuttle)の荷室・ラゲッジスペースの画像をたくさん取らせてもらいました。

2015/5/20

Chapter
シャトル(Shuttle)の開口部
通常時のシャトルの荷室
後部座席格納時のシャトルの荷室
シャトルのアンダーボックス
シャトルのマルチユースバケット

シャトル(Shuttle)の開口部

シャトル(Shuttle)のバックゲートを開けると、このようになっています。

シャトル(Shuttle)の荷室開口部も広く感じますよね。

また、シャトル(Shuttle)のバックゲートを開けて最初に思った事は、荷室・ラゲッジスペースの床が低いこと。

シャトル(Shuttle)の地上から床までの高さは54cmとなっているようです。シャトル(Shuttle)のようなステーションワゴンを購入する人は、荷物をたくさん載せる人が多いですよね。

シャトル(Shuttle)の荷室・ラゲッジスペースの掃き出し口もフラットですし、重たい荷物の積み下ろしも便利だと思いました。

通常時のシャトルの荷室

シャトル(Shuttle)の通常時の荷室・ラゲッジスペースはこのようになっています。

ステーションワゴンだけあって、5ナンバーですが、奥行きがありますね。

特にスゴイと思ったのが、タイヤハウス後方。

タイヤハウス後方部分が大きくえぐれているので、横幅の広い荷物もラクラク積み込めそうだと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
後部座席格納時のシャトルの荷室