荷室アレンジは豊富!?エスティマのラゲッジスペースを画像でチェック

トヨタ エスティマ 2015

トヨタの人気ミニバンエスティマ(ESTIMA)がマイナーチェンジをして発売されましたね。

先日、ビックマイナーチェンジをしたエスティマ(Estima)を見に行ってきたのですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジは、相変らずとても良いと思いました。

ただ、今回のモデルは先代モデルと同様に7人乗り・8人乗りが用意されていますが、荷室アレンジや広さが異なります。

今回ビッグマイナーチェンジをして発売されたエスティマ(Estima)の7人乗り・8人乗りそれぞれの荷室・ラゲッジルームの使い勝手やアレンジを紹介したいと思います。

2016/6/11

Chapter
エスティマ 荷室画像レビュー:開口部編
エスティマ 荷室レビュー2:3列目シートを使用時
エスティマ 荷室レビュー2:3列目シートを格納時

エスティマ 荷室画像レビュー:開口部編

今回ビッグマイナーチェンジをして発売されたトヨタの高級ミニバンエスティマ(Estima)のリヤからのデザインは、このようになっています。

そしてリヤゲートを開けると、このような感じに…。

ヴェルファイアやアルファードよりも若干荷室開口部が小さい感じがしましたが、他のクルマと比較すると十分な広さを確保しているように感じました。

また、今回発売されたエスティマ(Estima)は、3列目シートの使用の有無で、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手がまったく異なりました。

そして、3列目シートを使用時や格納時のこのモデルの荷室・ラゲッジスペースはそれぞれこのようになっていました。

エスティマ 荷室レビュー2:3列目シートを使用時

今回ビッグマイナーチェンジをして発売されたエスティマの荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになっています。

このモデルは先代モデルと同様に床下に3列目シートを格納するデザインを採用。

そのためエスティマ(Estima)の3列目シートを使用している際、このように格納スペースを床下ラゲッジボックスとして用する事が可能です。

このような床下ラゲッジボックスは先代モデルから採用されていますが、改めてこの広さを確認してみると、深さも奥行きもかなり広め。

実際にこの床下収納に私がいつも使っているリュックサックを置いてみると、このような感じ。

このようにリュックサックもスッポリと収納する事ができるエスティマ(Estima)の床下ラゲッジボックスは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

エスティマの上位モデルにはラゲッジボードが標準装備

また、今回ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(Estima)のハイブリッド車の最上位モデルのアエラス プレミアムGなどでは床下と床上収納に分けることができるラゲッジボードが標準装備されています。

この上下二段に分けて収納する事ができる荷室のラゲッジボートは、とても使い勝手が良いように感じました。

他のグレードでもオプション設定されているので、エスティマ(Estima)の荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積む方には、この着脱可能なラゲッジボードは必須のアイテムなのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
エスティマ 荷室レビュー2:3列目シートを格納時