アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?

ホンダ アコードハイブリッド 2016

2013年に発売され、2016年5月にマイナーチェンジされたホンダ 2代目アコードハイブリッド(CR7型)。アコードハイブリッドは8代目アコードが9代目に変わる際に、ハイブリッド仕様だけになったアコードに与えられた名称です。そのため、アコードとして見れば9代目ですが、アコードハイブリッドとしてみると2代目にあたります。

今回2代目アコードハイブリッドに試乗ができると聞いたので、早速試乗に行ってきました。実際に試乗をして見ると、乗り心地や静寂性の良さにビックリ・・・。まさにプレミアムセダンという感じの乗り心地でした。また、乗り心地以外にも気になる部分や欠点はなかったか?実際にこのモデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

2017/12/12

ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の欠点は?

このように基本的には大満足だったホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地ですが、試乗していて唯一気になったことがあります。

それはスポーティーさ。もし今回ビックマイナーチェンジをして新発売されたこのクルマをスポーツハイブリッドとして考えると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

前述のようにアクセルを踏み込めばスポーティーなキビキビとした走りを楽しむこともある程度は可能です。ただ、9代目アコードハイブリッドには、マニュアルモードやパドルシフトはありません。

私はこのようなしなやかな乗り心地は好きなので大満足でしたが、このクルマの乗り心地やスポーツ性に満足できない人もいるのかもしれません。

ホンダ 2代目アコードハイブリッドの売れ行きは?

アコードは1976年に初代が登場しました。今日までラインアップされているこのセダンは、ホンダを代表するクルマといって差し支えないでしょう。実のところ日本ではパッとしませんが、世界に目を向ければ、2019年には全米で約26万台、中国では22万台ほど売れています。世界でホンダといえばアコードなのです。

日本ではどうでしょうか?
ホンダ アコードは、セダン型の乗用車です。日本では最近の傾向として、ハッチバック式のコンパクトカーやミニバン、SUVそれに軽自動車などに人気が集中していて、セダンは見向きもされなくなってしまいました。

小型セダンだったホンダ アコードも例に漏れず、急激に売り上げを落とし、ミドルクラスの高級セダンに販路を求めました。そして9代目アコードではハイブリッドだけに特化し、アコードハイブリッドとして生まれ変わります。

2013年に発売されたホンダ 2代目アコードハイブリッドは、その戦略が功を奏し、8代目アコードの最終年(2012年)の販売台数約1200台に対し、初年度(2013年)は1万台以上売れました。 

しかしその勢いは長続きせず2015年は約3000台に落ち込み、2016年のマイナーチェンジで約4200台とやや持ち直しましたが、ホンダ 2代目アコードハイブリッドの最終年である2019年には月間販売台数が50台を切る月が多くなり、年間販売台数は1000台強という信じられない数字になってしまいました。

2020年2月にホンダ 10代目アコード(CV3型)が発売され、ホンダ 9代目アコードハイブリッドは製造中止となりました。先述した通り、アコードハイブリッドは8代目アコードが9代目に変わる際に、ハイブリッド仕様だけになったアコードに与えられた名称。10代目も日本ではハイブリッド仕様だけの発売ですが、3代目アコードハイブリッドという名称にはならず、10代目アコードに戻っています。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの中古価格は?