トヨタ 86 KOUKI の外装の画像【実車でエクステリアを徹底レビュー】

トヨタ 86 KOUKI 2016

86(ハチロク)KOUKIが東京のお台場にあるメガウェブで期間限定で展示してあると聞き、早速見に行ってきました。86(ハチロク)は、見た目の変更も多く、先代モデルとまったく異なる雰囲気に・・・。また、先代モデルよりもワイド&ロー化された印象を持ちました。そんな新しくなった新型86(ハチロク)の外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

2016/8/29

Chapter
注目ポイント1:ヘッドライト
ワイド感のあるヘッドライトのデザインにも注目
点状に光るウィンカーランプも印象的
86の外装レビュー2:サイド編
注目ポイント1:フェンダーガーニッシュ
注目ポイント2:エンブレムのデザインも変更
注目ポイント3:ホイールのデザインも変更
86の外装レビュー3:リヤ編
注目のポイント1:バンパーのデザイン
注目のポイント2:リヤコンビネーションランプのデザイン

86の外装レビュー1:フロントマスク編

86(ハチロク)の正面からのデザインは、このようになっています。

86で一番人気のグレードになりそうな中間モデルの”GTグレード”。そして、カラーは人気のピュアレッドでした。


このモデルの基本的なデザインは先代モデルを踏襲していますが、バンパーのデザインや大口になったフロントグリル、LED化されたヘッドライトなどの変更により、見た目が異なる印象に・・・。

■ヘッドライト

■フォグランプ

ボディサイズに違いはないものの、86(ハチロク)は、先代モデルよりも低重心化された印象をもちました。

注目ポイント1:ヘッドライト

トヨタの86(ハチロク)のヘッドライトのデザインは、このようなデザインになっています。


このモデルのヘッドライトには、1灯でハイビームとロービームを切り替えることができるLEDのBi-BEAM(バイビーム)を標準装備。

そして、このLEDのBi-BEAM(バイビーム)を採用したヘッドライトの上部には、点状に光るるクリアランスランプを採用。

そして、実際にライトを点灯させるとこのような感じ。

この点状に光るクリアランスランプがインパクトがあって、とても良いと思いました。

ワイド感のあるヘッドライトのデザインにも注目

このようにLEDライトを86(ハチロク)のヘッドライトですが、実際に見て印象的だったのがヘッドライトのデザイン。

86(ハチロク)も先代モデルと同様に釣り上がったデザインを採用しヘッドランプ内にメッキ調のデザインを採用。


そのため、先代モデルほどヘッドライトが釣り上がった印象が無く、よりワイドなデザインになっているように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
点状に光るウィンカーランプも印象的
商品詳細