新しくなったトヨタ新型86のメーター画像【2つの大きな変更点とは?】

トヨタの人気スポーツカー86(ハチロク)。内装・インテリアのデザインが変更され上質感のあるデザインになった86(ハチロク)ですが、今回のマイナーチェンジでメーターデザインも大幅に変更。今回新しくなったこの新型モデルのメーターの変更点は何なのか?また、メーターはどのようなデザインになったのか?86(ハチロク)のメーターを徹底的にレビューいたします。また、先代モデルと異なる2つのメーターの変更点を紹介したいと思います。
2016/8/29

Chapter
トヨタ86のメーター画像レビュー
注目ポイント:エンジンを立ち上げ時のアニメーション
トヨタ86のメーター 2つの変更点とは?
変更点2:タコメーターのデザイン
トヨタ 86 KOUKI 2016

トヨタ86のメーター画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをしたトヨタ86(ハチロク)のメーターは、このようなデザインになっております。

トヨタ 86 KOUKI 2016

マイナーチェンジをして新しくなったこのモデルのメーターですが、3眼式を採用するなど基本的なデザインは全く一緒。

そして、エンジンを立ち上げるとトヨタ86(ハチロク)のメーターは、このように点灯いたします。

トヨタ 86 KOUKI 2016

メーターの針が赤く発光し、スポーツカーらしくワイルドなデザインに・・・。

メーターの中央は、7,500回転以上がレッドゾーンとなっているタコメーターを採用。


トヨタ 86 KOUKI 2016

タコメーターは文字盤の部分がホワイトになっていて、他のメーター部分よりインパクトとのある目立つデザインに・・・。文字も大きく見やすいデザインになっているのが好印象でした。

そして、メーターの左側には260km/hまで表示可能なスピードメーターを装備。

トヨタ 86 KOUKI 2016

また、注目なのはトヨタの86(ハチロク)の右側に装備された4.2インチTFTカラー液晶画面を採用したマルチインフォメーションディスプレイ。

トヨタ 86 KOUKI 2016

このマルチインフォメーションディスプレイの存在感は凄いの一言。

私はトヨタの様々なクルマのマルチインフォメーションディスプレイを確認しているのですが、この新型86(ハチロク)の表示項目はかなりユニーク。

後ほど詳しく説明をさせていただきますが、普段使いなど普通走行時だけでは無く、スポーツ走行時やレース参戦時などにも役に立つ表示項目が多彩なのが好印象でした。

ちなみに、この4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイが装備されているのは、中間グレードの”GT”と最上位モデルの”GTリミテッド”のみ。ベーシックモデルの”Gグレード”には、マルチインフォメーションディスプレイが装備されないので、ご注意を・・・。

注目ポイント:エンジンを立ち上げ時のアニメーション

また、トヨタ86(ハチロク)のメーターで注目ポイントの一つが、エンジンを立ち上げた時のアニメーション。

今回エンジンを立ち上げると、タコメーターとスピードメーターの針が赤く発光すると、ともにこのクルマのマルチインフォメーションディスプレイに新しくなった86エンブレムが表示されます。

トヨタ 86 KOUKI 2016

このマルチインフォメーションディスプレイに表示されるアニメーションが超カッコいい。エンジンを立ち上げた時のマルチインフォメーションディスプレイに表示されるアニメーション画像も今回新発売されたトヨタ86(ハチロク)の注目ポイントの一つかなと思いました。


トヨタ86のメーター 2つの変更点とは?

このようなデザインになっていた86(ハチロク)のメーターですが、先代モデルと比べて、次の大きな変更点がありました。

変更点1:マルチインフォメーションディスプレイの搭載

今回マイナーチェンジをして新発売された86(ハチロク)のメーターの変更点の一つは、マルチインフォメーションディスプレイが上位モデルに
搭載されたこと。

このトヨタの新型86(ハチロク)のマルチインフォメーションディスプレイは、ハンドルの右側にある切り替えスイッチで変更することができるのですが、表示項目も充実。

トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

このクルマの表示項目には、次のようなものがありました。

■水温計/油圧計/電圧計

トヨタ 86 KOUKI 2016

水温、油圧、電圧の3つを表示してくれる3連メーター。赤く表示されるので、見やすいですよね。

他のクルマに装備されているアナログ表示よりも目盛りも細かく、また、視認性も良いように感じました。


■平均速度、走行時間、走行距離


トヨタ 86 KOUKI 2016

日常使いで役に立つ表示項目。赤い背景が新型86(ハチロク)のメーターのデザインにマッチしていて、とてもオシャレだと思いました。

■瞬間燃費/平均燃費/航続可能距離

トヨタ 86 KOUKI 2016

平均速度などと同様に日常使いでとても役立つ表示項目。先ほどの平均速度などの表示画面とまったく同じシンプルなデザインですが、とても見やすく、視認性が良いのが好印象でした。

■ストップウォッチ


トヨタ 86 KOUKI 2016

サーキット走行やレース参戦時に重宝するラップタイムモニター。最新のラップタイムだけでなく、履歴やベストラップなどもを表示してくれるので、使い勝手が良いように感じました。

■出力曲線(トルクカーブ)


トヨタ 86 KOUKI 2016

エンジンのパワーやトルクをグラフで表示してくれる出力曲線。自分の走りの癖を確認するのに役に立ちそうですよね。

現在のエンジンの回転数などに連動して、リアルタイム情報を表示するのも好印象でした。

■Gメーター


トヨタ 86 KOUKI 2016

車体に掛かるG(重力)とその履歴を表示してくれる”Gメーター”。サーキット走行する時など自分の走りを分析するのに役に立ちそうだなと思いました。

■警告画面


トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

トランクやドアの閉め忘れなどを表示してくれる警告画面。ドアの閉め忘れの際は、このように閉め忘れている場所を赤く表示してくれるので、一目でわかります。

このように普段使いの役に立つ表示項目が用意されているのは、とても良いと思いました。

86(ハチロク)のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、このようになっていました。

他のトヨタ車には用意されていない表示項目も多々あり、個人的には大満足。もしこれから新しくなったこの新型86(ハチロク)を試乗される際は、このマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も確認してみてくださいね。

変更点2:タコメーターのデザイン

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された
トヨタの86(ハチロク)は、タコメーターのデザインも変更されました。

このタコメーターのデザインで新しくなったのは、ガソリンタンク残量計の位置。

先代モデルは、メーターの右側に大きく搭載されていたのですが、このモデルではマルチインフォメーションディスプレイが装備された事により、タコメーター内に変更。


トヨタ 86 KOUKI 2016

また、タコメーター内で表示されているデジタルの速度計の文字も赤からホワイトになり、よりスタイリッシュな雰囲気に・・・。

赤い文字よりも視認性が向上し見やすくなった事も、今回の変更の注目ポイントの一つだと思いました。

タコメーターの目盛りの位置も変更

このようにデザインが若干変わったこともトピックの一つですが、それ以上に注目なのは、タコメーターの目盛りの位置。

先代モデルは6000回転付近が真上にくるようなデザインになっていたのですが、86(ハチロク)は、最高出力発生回転付近の7000回転付近が頂上にくるようなデザインに変更。

トヨタ 86 KOUKI 2016

また、タコメーターまわりのシルバーのリングのデザインも改良され、よりスッキリとしたデザインに・・・。

デザインが大きく変わった86(ハチロク)のタコメーターですが、先代モデルよりも使い勝手も視認性もかなり良くなった印象を持ちました。


トヨタ 86 KOUKI 2016

トヨタのFRスポーツカー86(ハチロク)のメーターは、このようなデザインになっていました。モデルの上位グレードには、マルチインフォメーションディスプレイも装備され、よりインパクトも情報量も多くなったデザインに・・・。また、タコメーターも先代モデルよりも洗練されたデザインになっていました。モデルのメーターは、86(ハチロク)の内装・インテリアの変更の大きなトピックの一つかなと思いました。86(ハチロク)のメーターやマルチインフォメーションディスプレイが気になったら、是非ともご自分の目で確認してみてくださいね。

特にマルチインフォメーションディスプレイは、注目ですよ。

ちなみに、シートやインパネデザインなどトヨタの86(ハチロク)の内装・インテリアをしっかりと確認したい方は、コチラから

画像 試乗レビュー速報