座り心地・居住性はどうだった?ヴォクシー3列目シートを徹底解説

トヨタ ヴォクシー 2016

2014年1月にフルモデルチェンジをして以来、売り上げが好調のネッツトヨタのM型ミニバンの80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)。

ヴォクシー/ボクシー(VOXY)と言えば、2列目のロングスライド機能が注目を集めていますが、3列目シートはどうなのか気になりますよね。

先日、この80系モデルの3列目シートのデザインや座り心地、足元空間の広さなどを確認してきたので、紹介します。

2016/8/19

ヴォクシーの3列目シート画像インプレ3:居住編

また、ミニバンの3列目シートで気になるのは、頭上空間や足元空間など居住性ですよね。

このトヨタの5ナンバーサイズのミイバン80型ヴォクシー/ボクシー(VOXY)は、ボックス型タイプのミニバンなので、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、とっても広々。

私が実際にこのクルマの3列目シートに座ってみたところ、頭のてっぺんから天井まで拳を縦にして一つ分以上、おそらく実際の数値にすると10㎝以上の余裕がありました。

ヴォクシー/ボクシー(VOXY)は室内長は約1400mmとなっており、クラストップクラス。この広々とした室内長を活かした頭上空間の広さは、とても良いと思いました。

ただ、足元空間は狭め…

このように頭上空間(ヘッドクリアランス)はとても広々としているネッツトヨタのヴォクシー/ボクシー(VOXY)ですが、足回りの空間は若干狭い感じがしました。(もちろんこのクルマの2列目シートの位置にもよるのですが…。)

実際にこの80型モデルの2列目シートを横にスライドした状態での最後端にした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このような感じ。

■2列目シートの位置

■3列目シートの足元空間の広さ

成人男性の私が座っても何とか足を置くことができますが、かなり窮屈。また、2列目シートの背もたれがすぐ目の前にあるので、圧迫感を感じました。

もしヴォクシー/ボクシー(VOXY)の3列目シートの足元空間をある程度確保するのなら、2列目シートをこのくらい前にする必要があるのかなと感じました。

■2列目シートの位置

■3列目シートの足元空間の広さ

このくらい2列目シートを前にスライドすると、3列目シートでも足元空間が広く確保でき、比較的快適に過ごせると思いました。

2014年1月にフルモデルチェンジをして発売されたヴォクシー/ボクシーですが、3列目シートはこのようなデザイン、居住性になっていました。

若干シートサイズが小さく座り心地がイマイチなのが気になりましたが、頭上空間の広さはとても良いと思いました。また、2列目シートのスライドの位置を前にすると、しっかりと3列目シートの足元空間を確保できるのも好印象でした。

シートの作りを見比べれば分かると思いますが、3列目と2列目では座り心地・乗り心地は全く異なります。試乗する際は、ぜひとも3列目シートにも座って、運転時の座り心地や居住性もしっかりと確認してみてくださいね。