ホンダの屋台骨!ステップワゴンの使い勝手をレポート!

ホンダ ステップワゴン

日本を代表する自動車メーカーのひとつであるホンダは、創業者である本田宗一郎氏によるモータスポーツへの挑戦という歴史から、素晴らしいスポーツカーを世に送り出すメーカーとしてクルマ好きから評価されてきました。

一方で、スポーツカーだけを作り続けてきたのであれば、これほどまでに世界にホンダの名が知れ渡ることはなかったでしょう。ホンダは、NSXに代表されるようなスーパースポーツカーをラインナップするその裏で、とても実用的なクルマづくりができるメーカーでもあるのです。

Chapter
ホンダ ステップワゴンとは?
ステップワゴンの歴史
ステップワゴンのスペック
ステップワゴンの使い勝手

ホンダ ステップワゴンとは?

古くはシビック、そしてフィットやオデッセイ、最近ではN-BOXを中心とした軽自動車のNシリーズなど、ホンダには定期的に実用車のヒット作があります。現在、ホンダ車の販売台数ランキングを見ると、軽自動車のNシリーズを筆頭に、フィット、フリード、ヴェゼルが並びます。そして、それらに続くのが今回紹介するステップワゴンです。

ステップワゴンの歴史

初代ステップワゴンは、1996年に登場しました。その名前は、1970年代のホンダのバンであるライフステップバンに由来し、徹底した低価格戦略が功を奏し、一気に人気モデルとなりました。

2001年には2代目へとフルモデルチェンジし、多彩なシートアレンジや向上した安全性、そしてより低床化されたステップがファミリー層の人気を呼びました。

2005年にフルモデルチェンジした3代目では、燃費性能や使い勝手がさらに向上しただけでなく、ミリ波レーダーによる追突軽減ブレーキなど安全装備もさらに追加されました。

「みんなの楽」=“皆楽”をキーワードに、3代目から採用されている低床・低重心パッケージをベースに「家族が楽しく、楽に移動できる車」を目指して開発された4代目は2009年に登場、初代以来11年ぶりにミニバン販売台数ランキング首位を達成しました。そして2015年4月に現行型となる5代目ステップワゴンが登場しました。なお、5代目ステップワゴンは2017年9月にマイナーチェンジされています。

<次のページに続く>
次ページ
ステップワゴンのスペック