ステップワゴンスパーダのハイブリッド車とガソリン車、維持費が安いのはどっち?

ホンダ ステップワゴン

ハイブリッドモデルと、ガソリンモデル、同じグレード同士で金額を比較した場合、どれだけ差があるのでしょうか?ステップワゴンスパーダハイブリッドと、同じくステップワゴンスパーダのガソリンモデルで乗り出し価格を比較してみました。

2017/11/8

Chapter
ハイブリッドの乗り出し価格
ガソリンモデルの乗り出し価格
燃料代はもちろんハイブリッドだけど..

ハイブリッドの乗り出し価格

ステップワゴンスパーダハイブリッドの車両本体価格は3,350,160円

グレードはG、カラーは、モダンスティールメタリックです。
さて、この車両本体価格をもとに11月登録として、乗り出し価格を算出してみました。

車両本体:3,350,160円
自動車税(11月登録):13,100円
自動車取得税:0円
自動車重量税:0円
自賠責保険料(37か月):36,780円
手続代行費用(参考価格 消費税込み):46,440円
預かり法定費用:6,000円
リサイクル法関連費用:10,520円

となり、
諸費用合計で112,840円となります。

単純に車両本体価格と諸費用合計で、3,463,000円となります。今回はナビゲーションなどの、ディーラーオプションは含んでいないため、実際にはこの価格よりも上回ることになります。

ガソリンモデルの乗り出し価格

次にステップワゴンスパーダのガソリンモデルです。色は同じくモダンスティールメタリックです。

車両本体:2,852,280円
自動車税(11月登録):11,500円
自動車取得税:57,000円
自動車重量税:22,500円
自賠責保険料(37か月):36,780円
手続代行費用(参考価格:消費税込み):46,440円
預かり法定費用:6,000円
リサイクル法関連費用:10,520円

となり、諸費用合計で190,740円となります。単純に車両本体価格と諸費用合計で、3,043,020円となります。

このモデルに関しても、ナビゲーションなどの、ディーラーオプションは含んでいないため、実際にはこの価格よりも上回ることになります。両モデルの新車価格の差は497,880円で、乗り出し価格の差は419,980円となります。諸費用がハイブリッドモデルの方が安いのは、エコカーの減税処置によるものです。

メーカーのホームページではローンシュミレーションもできるので、試しに上記の金額で算出してみました

■ハイブリッドモデル
実質年率3.5%の36回均等払いで、頭金112,840円、所要資金(割賦元金)3,350,160円となり、月々の支払いは98,100円となります。(初回のみ100,380円)

■ガソリンモデル
実質年率3.5%の36回均等払いで、頭金190,740円、所要資金(割賦元金)2,852,280円となり、月々の支払いは83,500円となります。(初回のみ79,649円)

ローンシュミレーションでは、36回払いのほかに、60回払い、残価設定36回、残価設定60回のシュミレーションが出来る形となっています。
上記金額及び、ローンについては、購入する時期、販売店によっても異なりますので、参考程度にお願いいたします。

月々の支払いに関しても、当たり前ですが、車両価格が安いガソリンモデルの方が、ハッハイブリッドモデルよりも、安く支払いが出来る計算となります。36回払いの場合、その差は月々、14,600円です。

<次のページに続く>
次ページ
燃料代はもちろんハイブリッドだけど..