日産ノート モード・プレミアのシートの違いを比較【2種類のデザインや座り心地を徹底チェック】

日産 ノート

日産ノートから高級感や上質感が特徴のカスタマイズモデルモード・プレミアが
新発売されましたね。

今回新発売されたノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)の特徴の
一つが上質感・高級感のある内装・インテリア。

このモード・プレミア(Mode Premier)には、専用デザインのハンドルなどが
装備されており、ノーマルモデルと全く異なる質感の高い内装・インテリアに
なっているように感じました。

また、今回日産から新発売されたノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)の
内装・インテリアの特徴の一つが、シートのデザインや素材。

この”モード・プレミア(Mode Premier)”では、ノーマルモデルと異なる素材を
使用しているため、座り心地などがまったく違いました。

そんなノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)のシートは、どのような
デザインなのか?また、座り心地はどのように違いうのか?

実車画像を使って、ノートの上級モデルのモード・プレミア(Mode Premier)の
シートを徹底的にレビューをしていきたいと思います。2017/8/21

Chapter
ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:デザイン編
ノート モード・プレミアはアームレストを標準装備
ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:座り心地編
ノーマルモデルのノートとノート モード・プレミアでは、座り心地も異なる

ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:デザイン編

今回オーテックジャパンが新しく発売をしたノート モード・プレミアですが、
次の2つの内装色・シートカラーを用意しています。

・グレージュ×ブラウン
・ブラック×ブラウン

そして、この2つのシートカラーによって、車内の雰囲気が全く違うように感じました。

グレーとベージュをミックスした明るいグレージュカラーのシートを選択すると、
車内全体が明るく、温かみのある内装・インテリアに…。

■グレージュ×ブラウンのシート

女性が好みそうな、ちょっとレトロなヨーロッパのクルマのようなオシャレな
雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

一方、ブラック×ブラウンのシートを選択すると、車内全体が引き締まった
スポーティーな雰囲気の内装・インテリアカラーになっているように感じました。


■ブラック×ブラウン

元々ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)は上質さ、高級感を
追求したクルマですが、ちょっとスポーティーに乗りこなしたい人は、
このブラックのシートの方がピッタリなのかなと思いました。

また、モード・プレミア(Mode Premier)には、16インチタイヤを装備した
スポーティーな乗り味を楽しめるツーリングパッケージを用意しています。
このブラックシートは、モード・プレミアのツーリングパッケージ
とても相性が良いのかなと思いました。


ノート モード・プレミアはアームレストを標準装備

また、ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)のシートの
注目ポイントの一つが、アームレストが装備されている事。

このモデルのベースとなっているノーマルモデルのXグレードでは、
アームレストが用意されていませんでした。

しかし、このモード・プレミア(Mode Premier)では、上げ下げができる
可動式のアームレストを運転席に装備。


■ノート モード・プレミアのアームレスト

このノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)に搭載されている
アームレストは若干細いので、腕を置いた時のフィット感が良いとは
言えませんでしたが、運転席にアームレストが標準装備されているのは、
大満足でした。

ちなみに、モード・プレミア(Mode Premier)でも、助手席にはアームレストが
用意されていないので、ご注意を…。


<次のページに続く>
次ページ
ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:座り心地編