トヨタのカムリの人気カスタマイズモデルTRDを見に行ってきた!エクステリアはどうだった?

トヨタ カムリ

2017年7月、新しいプラットフォーム”TNGA”を採用した10代目新型カムリが
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

高級さとスポーティーさを兼ね備えたデザインが特徴のこの新型モデルですが、
外装・エクステリアのデザインを変更できる様々なカスタマイズモデルを
用意しています。

そのな中の一つが、迫力のあるデザインが特徴のTRD。

先日、フルモデルチェンジをして新発売された新型車のTRDモデルを
見に行ってきたのですが、かなり迫力のあるデザインに…。

人気カスタマイズモデルのモデリスタ(MODELLISTA)やノーマルモデルよりも
押し出し感の強いフロントマスクになっていました。

先日、このTRDモデルの外装・エクステリアの写真・画像を撮ってきたので、
紹介したいと思います。2017/9/11

TRD専用デザインのタイヤ&ホイールを装備

また、今回新発売されたこのTRDモデルは、16インチと19インチのタイヤ&
ホイールを用意しているのですが、今回私が見たモデルは、刃物のような
シャープな輝きが特徴の19インチのアルミホイールの”TRD TF5″でした。

このシャープなデザインのTRD専用デザインのアルミホイールも、TRDらしい
ワイルドさを強調しているように感じました。

ちなみに、このTRDモデルでは、専用ロゴが入ったフューエルキャップガーニッシュや
ドアハンドルプロテクターも用意しています。

もしオーナーの所有満足度を高めたいのなら、これらのアイテムを装備するのも
良い方法の一つなのかなと思いました。

トヨタ新型カムリのカスタマイズモデルTRDの後ろからのデザイン

迫力のあるフロントマスクが特徴のトヨタの新型カムリ(CAMRY)のTRDモデルですが、
後ろ姿もかなりワイルド&スポーティーなデザインになっています。

この新型モデルのリヤビューを確認してみると、このような感じ。

ノーマルモデルやモデリスタと比較すると、かなり大胆なデザインになっていますよね。

大きく張り出しているリヤトランクスポイラーやフローティング加工された
リヤバンパーガーニッシュが印象的で、セダン車のリヤビューとは思えない
デザインになっていました。

このTRDのリヤには、リヤバンパーガーニッシュ、リヤサイドスポイラー、
リヤトランクスポイラーを装備していました。

大胆な反りかえりが目を引くリヤトンランクスポイラーも印象的だったのですが、
それ以上にインパクトがあったのは、リヤバンパーガーニッシュとリヤサイド
スポイラーの組み合わせ。


角のように生えているリヤサイドスポイラーが、新型カムリ(CAMRY)のワイド感を
強調して、よりどっしりとした存在感のあるリヤビューにしているように感じました。


今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)のTRDモデルの
外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

ノーマルモデルと比較すると、かなりアグレッシブなデザインに…。
ただ、このクルマらしいエレガントさや高級感もどことなく感じる外装・
エクステリアになっていて、個人的には好印象でした。

また、TRDと言ってもギラギラしすぎていないので、誰からも愛されれる
ユニバーサルなデザインになっているように感じました。