【セダン車の中では広め!?】トヨタの新型カムリの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認

トヨタ カムリ

2017年7月、TNGAプラットフォームを採用した10代目新型カムリ(CAMRY)が、
新発売しましたね。

今回新発売された新型モデルは、内外装ともにスタイリッシュなデザインに…。
先代モデルのような古臭さは無く、車格に相応しい高級感を感じるデザインに
なっていました。

また、今回新発売されたトヨタのハイブリッドセダン車の新型カムリ(CAMRY)を
試乗してみて、意外と良いと思たのが荷室・ラゲッジスペースのデザインや広さです。

セダン車なので荷室の高さはありませんが、トランクスルーも装備されており、
使い勝手の良いラゲッジスペースになっているように感じました。

そんな新型カムリ(CAMRY)の荷室・ラゲッジスペースの広さは、どのくらいに
なっているのでしょうか?実際の新型カムリ(CAMRY)の荷室・ラゲッジスペースの
寸法が気になったので、ディーラーさんに確認をしてみました。2017/9/28

後部座席を収納した時に大きな段差が…

ただ、この新型モデルのトランクスルーでちょっと残念だったのが、
後部座席を収納した時に背もたれの部分で若干の段差が生じてしまっています。

■後部座席を収納した時の段差

ちょっと段差が大きいですよね。
この段差の大きさを確認してみたところ、約150mmほどありました。

競合車・ライバル車のホンダのアコード(Accord)では用意されていない
トランクスルーが装備されているのはとても良いと思いましたが、この
大きな段差は、ラゲッジスペースの使い勝手を損ねているなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の荷室・
ラゲッジスペースの広さは、このようになっていました。

高さはそれ程ゆとりがありませんが、荷室・ラゲッジスペースの奥行きや
横幅は、セダン車としては十分すぎる広さを確保しているように感じました。
また、トランクスルーが用意されているのも、とても良いと思いました。
(後部座席の背もたれ部分の段差は、ちょっと気になりましたが…)

また、SUVやワゴン車と比較すると、このクルマの荷室・ラゲッジスペースの広さや
使い勝手は劣りますが、セダン車の中では、かなり優秀な広さを確保している
のかなと思いました。

何より後部座席を使用した状態でも、ゴルフバックを4つ収納できる広さを
確保しているのは、スゴイと思いました。

もしこれからフルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)を
ディーラーに見に行かれる際は、ぜひとも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手や
広さをしっかりと確認してみてくださいね。

商品詳細