新型カムリ、先代モデルとどう変わった?

2017年7月10日、ついに日本で新型カムリが販売開始となりました。すでに1月のデトロイトショーでお披露目されたように、シャープな印象のフロントフェイスと流麗なフォルム。さらに上質さを狙った室内と、先代モデルとは一線を画す存在です。

Chapter
新型カムリ日本仕様の概要
先代カムリとどこが違う?
新型カムリは確実に先代モデルを凌駕する!?

新型カムリ日本仕様の概要

無題

日本仕様の新型カムリは米国仕様とは異なり、ガソリン仕様がなくハイブリッド専用車となります。

搭載されるハイブリッドシステムは、新開発のA25A-FXS型ダイナミックフォースエンジンにTHS IIを組み合わせ、変速機は6速シーケンシャルシフトマチックを備えた電気式無断変速機を採用。

シャーシは新開発のTNGA GA-Kとなり、オートレベリング機能付Bi-Beam LEDライトを含む衝突予防安全装置「Toyota Safty Sense P」が、標準で搭載されます。

グレードは、X(329万4,000円)、G(349万9,200円)、G”レザーパッケージ”(419万5,800円)の3種類。かなり割り切った設定です。

先代カムリとどこが違う?

その外観からおよそカムリらしくないと評判の新型カムリですが、はたして先代モデルとは、どこが変わったのでしょうか?

カムリらしくない外観

トヨタ カムリ 2017

質実剛健、実用性の高さを訴えるオーソドックスなセダンデザインだった先代モデルに対し、新型カムリはスポーティさを前面に押し出したシャープなフロントマスクに、キャビン後半がトランクリッドに向けてなだらかに流れるクーペフォルムを纏っています。

その際、リアピラーの流れ方を工夫することで、後席の頭上空間を確保。居住性を犠牲にすることなく流麗なフォルムを実現しています。

-25mmの低重心化

無題

TNGAシャーシ採用の目的のひとつに、車両の低重心化による安全性・操縦性の向上があります。

新型カムリでは先代モデルと比較し、25mm全高が低くなり、ヒップポイント、フロア高も下げられています。さらに、ボンネットフードは40mm下がり前方視界を確保。

ハイブリッドシステムの駆動用バッテリーは、リアシート後部からリアシート下部に移され、さらなる低重心化を図っています。

最大+8km/Lの燃費改善

無題

先代モデルではJC08モード燃費23.4~25.4km/Lが、新型カムリでは33.4~28.4km/L、と5~8km/Lほど改善されています。

一番の要因は、高出力と高い熱効率を両立した新開発のA25A-FXS型ダイナミックフォースエンジンで、先代モデルに搭載されていた2AR-FXE型の最高出力が118kW(160ps)/5,700rpm、最大トルク213Nm(21.7kgm)/4,500rpmであったのに対し、新型のダイナミックフォースエンジンは、最高出力131kW(178ps)/5,700rpm、最大トルク221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm。

新型エンジンは従来型エンジンと同等の排気量ながら、出力を約10%向上させつつ、燃費を20%ほど改善しています。

衝突予防安全装備を標準搭載

トヨタ カムリ 2017

安全装備は、「Toyota Safety Sense P」を標準で搭載しています。

その内容は歩行者との衝突を避けるプリクラッシュセーフティシステム、車線の逸脱を防ぐレーンデパーチャーアラート、夜間の歩行者の発見を促すオートマチックハイビーム、先行車との車間距離を空けつつ追従走行を行うレーダークルーズコントロールです。

先代モデルの衝突予防安全装備は、車両挙動を抑制するS-VSC&TRC、安全なブレーキ制動を行うABS、ロービームオートレベリング機能付ディスチャージヘッドライトに留まります。

トヨタ自動車がToyota Safety Sense CおよびPを発売したのが2015年。先代カムリは、2011年にモデルチェンジを受けているので、この点は時代の流れと技術の進化の結果ですね。

新型カムリは確実に先代モデルを凌駕する!?

無題

フロントマスクは好みが別れるところですが、全体的に低く流麗なシルエットとなった外観。先代モデルより高出力&低燃費なダイナミックフォースエンジン。先代モデル登場後に急速に発達した衝突予防安全装置。

新型カムリは時代の要求に応える環境性能と安全性を備えながら、TNGAを採用し物理的にも自動車の挙動を安全方向へ振り、安全・安心な車を目指しています。

先代モデルが従来の技術・価値観で作られているのに対し、TNGAをフル採用した新型カムリはこれからの技術・価値観で製造されています。