車のシートバックポケットおすすめ20選|選び方まで解説

車

※この記事には広告が含まれます

シートバックポケットは、快適にドライブを楽しむためのマストアイテムと言えます。

この記事を見ている方の中にも、「オシャレで機能的なシートバックポケットを探している」という方がたくさんいるでしょう。

そこで今回は、シートバックポケットの必要性や設置するメリット、選び方の基準やおすすめアイテムについて詳しく解説していきます。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
そもそもシートバックポケットとは?
シートバックポケットを設置するメリット
シートバックポケットは何を基準に選ぶべき?
おすすめのシートバックポケット20選
お気に入りのシートバックポケットを見つけよう

そもそもシートバックポケットとは?

シートバックポケットは、車のシート背面に設置するポケットのことを指します。

複数のポケットが付いているため、様々なものを気軽に収納できます。

近年では、オシャレなものや、機能性が高いものなども販売されています。

シートバックポケットを設置するメリット

シートバックポケット

出典:Amazon

では次に、愛車にシートバックポケットを設置するメリットについて詳しく解説していきます。

メリット①:飲みこぼし、食べこぼしを防げる

シートバックポケットに食べ物や飲み物を入れることで、食べこぼしや飲みこぼしを防げます。

シートバックポケットがないと、食べ物や飲み物は座席に置くしかなく、車の揺れなどで倒れ、車内を汚す原因になります。

また、シートの背面に取り付けますので、靴で触れてしまったことによるシート汚れも未然に防げるようになるのです。

メリット②:快適性が向上する

シートバックポケットを設置することによって、気軽にモノを収納できるようになります。

必要な時は体勢を変えずに取り出せますので、楽ちんです。

その結果、ドライブの快適性がグッと向上するのです。

メリット③:オシャレな内装に仕上げられる

冒頭でも解説したように、近年ではオシャレなシートバックポケットが多数登場しています。

キャラクターがデザインされているものや、オシャレなデザインが施されているものもありますので、内装にこだわっている方にもおすすめです。

シートバックポケットは何を基準に選ぶべき?

シートバックポケット

出典:Amazon

では次に、シートバックポケットを選ぶ基準について詳しく見ていきましょう。

選び方①:機能性

シートバックポケットを選ぶ時は、機能性に注目することが大切です。

最近では、保冷ホルダーがついているものや、USBポートが付いているものなどもあります。

事前にどのような機能が付いているかを確認したうえで購入するようにしましょう。

選び方②:デザイン

シートバックポケット選びで意外と重要になるのが、デザインです。

自分好みのデザインのシートバックポケットを選ぶことによって、長く快適に使い続けられます。

逆に、車の内装に合わないものや、好みと真逆のものを選んでしまうと、後悔したり、次第に使わなくなったりする可能性が高くなりますので注意が必要です。

選び方③:形状

シートバックポケットには、主に下記の2種類があります。
  • バッグ型
  • トレイ型
それぞれの特徴を解説します。

■バッグ型
シートバックポケット

出典:Amazon

バッグ型はバッグとしてそのまま外に持ち出すこともできます。

気軽に使用したいと考えている方におすすめです。

■トレイ型
シートバックポケット

出典:Amazon

トレイ型は飲み物や食べ物を置くスペースにできます。

車内で食事をしたいと考えている方に最適と言えます。

選び方④:使用場面

シートバックポケットを選ぶ時は、使用場面に適したものを選ぶことが大切です。

例えば、日常使いであればそこまで大きな物は必要ありませんし、ポケットがたくさんついている物も必要ないでしょう。

逆に、キャンプやスキーなどのレジャーや旅行に行くことが多い場合は、複数のポケットが付いている大容量のシートバックポケットが役立ちます。

選び方⑤:価格

シートバックポケットは、どれもそこまで高額ではありません。

中には数百円前後で販売されているものもありますので、気軽に購入できます。

とはいえ、サイズが大きいものや機能性が高いものについては比較的高額になっています。

予算や目的と相談しながら購入するかどうかを検討していきましょう。

おすすめのシートバックポケット20選

では早速、機能性に優れたオシャレなシートバックポケットを20個紹介していきます。

GUREITOJP

シートバックポケット キックガード 防水防汚 レザー素材

4,880円〜(税込)

耐久性が高く簡単取り付け

GUREITOJPのシートバックポケットは、高品質Puレザー素材で作られているため、耐久性がかなり高いです。

また、大きさの違う収納ポケットが複数ありますので、ペットボトル・スマホ・サングラス・財布・手帳・折り畳み傘など、様々なものを収納できます。

取り付けに工具は必要ありませんので、手間を省きながら気軽に取り付けたいと考えている方におすすめです。

QIANC

シートバックポケット キックガード 防水防汚 レザー素材 折り畳みテーブル付き

1,605円〜(税込)

折りたたみテーブルで食事も可能

QIANCのシートバックポケットは、折り畳みテーブルが付いていますので、ちょっとした食事ができます。

また、スマホやタブレット、飲み物などを入れられるポケットがたくさんありますので、快適にドライブを楽しみたいと考えている方におすすめです。

シート背面を覆うタイプですので、小さな子どもが足で蹴って汚してしまうというトラブルも未然に回避できます。

ADOSSY

多機能シートバックポケット 防水・防汚

3,550円〜(税込)

2個セットでお得

ADOSSYの多機能シートバックポケットは、2個セットで販売されていますので、運的席側背面に1つ、助手席側背面に1つ設置できます

ポケット自体はそこまで多くありませんが、スマホなどのちょっとしたものを入れる分には全く問題ありません。

ストラップで簡単に取り外しができますので、「気軽に使えるシートバックポケットを探している」という方に最適です。

カシムラ(Kashimura)

シートバックポケット AK-120

1,077円〜(税込)

コスパ抜群のシートバックポケット

カシムラのAK-120は、コスパを重視している方にピッタリのシートバックポケットです。

設置方法によって4通りの使い方ができますので、好みや目的に合わせた使い方をしたいと考えている方に最適と言えます。

また、メッシュポケットが付いていますので、スマホやゲーム機など、すぐに取り出すものを収納したい時にもおすすめです。

ただし、背もたれとヘッドレストが一体になっているシートには取り付けができませんので注意してください。

XUAN

シートバックポケット 防汚 耐摩耗性

4,300円〜(税込)

高級感のあるシートバックポケット

こちらは、スエード調の高級感溢れるシートバックポケットです。

ポケットがかなり多いため、様々なものを気軽に収納できます。

取り付けも簡単です。

取り付けベルトをヘッドレストとシートに通してバックルを固定するだけで完了しますので、組み立てが苦手な方でも安心です。

ZIPSLINE

シートバックポケット

2,102円〜(税込)

タブレットで動画を見やすい

ドライブ中にタブレットで映画やドラマ、アニメを見たいという方には、ZIPSLINEのシートバックポケットがおすすめです。

中心部分にタブレットが入る大きなポケットがあり、その周りに小さなポケットがあります。

そのため、タブレットでの動画やゲームを楽しみたいと考えている方に最適と言えます。

Skycase

車用収納ポケット メッシュバッグ 折り畳み式

1,480円〜(税込)

シンプルなシートバックポケット

「シンプルなシートバックポケットを探している」という方には、こちらのアイテムがおすすめです。

助手席と運転席の間に引っ掛けられるタイプのシートバックポケットになっていますので、車内がすっきりとした印象になります。

DURASIKO

車用シートバックポケット 撥水加工

1,580円〜(税込)

コンパクトで使いやすい

DURASIKOの車用シートバックポケットは、ティッシュや飲み物など、ちょっとしたものを収納したいと考えている方におすすめです。

ポケットの数は少ないのですが、その分コンパクトサイズとなっています。

「車が狭くなるのは嫌だ」という方に向いていると言えます。

JEYODA

シートバックポケット ドリンクホルダー レザー素材

2,699円〜(税込)

レザー素材を使った落ち着いた雰囲気

JEYODAのシートバックポケットは、レザー素材を使った落ち着いた雰囲気となっています。

「内装をチープな印象にしたくない」と考えている方に最適と言えます。

また、サイズはコンパクトですが、収納ポケットはたくさんありますので、機能性を重視している方にもおすすめです。

EXCEREY

後部座席収納ハンギングバッグ 両面利用シートバックポケット 取付簡単 防水防汚

1,380円〜(税込)

場所を取らない小さなサイズ

小さめのシートバックポケットを探している方には、EXCEREYの両面利用シートバックポケットがおすすめです。

運転席と助手席の間にかけるタイプの小さなシートバックポケットになっていますので、場所を取りません。

足元のスペースもしっかり確保できますので、後部座席に複数人が乗る場合でも安心です。

BELSUS URIS

シートバックポケット 省スペース 落下防止

1,990円〜(税込)

可愛らしいシートバックポケット

BELSUS URISの車用収納ポケットは、小さな子どもがいる方や、車内を可愛らしくしたい方におすすめです。

ポップなデザインとなっていますので、気分が上がること間違いなしでしょう。

ポケットの数も多く、ベビー用品も気軽に収納できますので、気になる方は是非試してみてください。

liuzhuo_JP

シートバックポケット

3,000円〜(税込)

シンプルで使いやすい

「余計な装飾は要らない」「最低限の機能で良い」という方には、liuzhuo_JPのシートバックポケットがおすすめです。

ブラックを基調としたかなりシンプルなシートバックポケットですので、車内の雰囲気を壊すこともありません。

非常にシンプルな作りなのですが、意外とポケットの数が多いため、たくさんのものを収納したいと考えている方にもピッタリです。

Ymgot

後部座席シートバックポケット

1,468円〜(税込)

1ポケットで簡単収納

Ymgotの後部座席シートバックポケットは、「ゴミを入れられればいい」「1つか2つしかものを入れない」という方におすすめです。

ポケットは1つだけですが、かなり大きなサイズとなっていますので、荷物を1つにまとめて収納できます。

HCMAX

車用収納バッグ 大容量 ラゲッジルームバッグ 取付簡単

1,999円〜(税込)

大きなものの収納に向くシートバックポケット

HCMAXの車用収納バッグは、横一列で使用するタイプのシートバックポケットです。

後部座席に乗っている方が気軽に荷物を入れられますので、利便性を重視している方に最適と言えます。

また、ポケットの数自体は少ないものの、それぞれがかなり大きくなっています。

たくさんのものを収納したいと考えている方にもおすすめです。

セイワ(SEIWA)

保冷保温シートバックポケット

590円〜(税込)

保温・保冷ができるシートバックポケット

こちらは、セイワが出している保冷保温シートバックポケットです。

こちらは一般的なシートバックとは違い、保温と保冷ができます。

そのため、暖かい季節も寒い季節も快適に使用できます。

ただし、防水加工はされておらず、水滴が溜まると縫い目から染み出してしまいますので注意してください。

アットファースト(At First)

2WAY マルチカーポケットバッグ

2,900円〜(税込)

可愛いシートバックポケット

At Firstの2WAYマルチカーポケットバッグは、「とにかく可愛いシートバックポケットを探している」という方におすすめです。

ミックスドットが施されたデザインとなっていますので、見るだけで明るい気持ちになれるはずです。

ポケットの数もかなり多いため、小さなものから大きなものまでスムーズに収納できます。

Outflower

車用収納ポケット 多機能 大容量

1,291円〜(税込)

落ち着いていておしゃれ

Outflowerの車用収納ポケットは落ち着いていて、尚且つオシャレなシートバックポケットを探している方に最適です。

ポケットの数も一般的で、大きなものから小さなものまでスムーズに収納できます。

マジックテープ式となっていますので、脱着も簡単です。

お気に入りのシートバックポケットを見つけよう

シートバッグポケットを設置することによって、後部座席に乗っている方の快適性がグッとアップします。

また、靴で助手席や運転席の背面が汚れたり、衝撃によって飲み物や食べ物がこぼれてしまったりというトラブルも防げるようになりますので、一石二鳥と言えます。

ただ、シートバッグポケットには様々な種類があり、それぞれで特徴が大きく異なります。

今回紹介したことを参考にしながら、自分に合ったアイテムを探してみてください。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細