安全にドライブができる時間と距離の目安|長時間のドライブで起きること

山道 ドライブ 運転

旅行などの長時間のドライブは心身の疲労が増えるので、休憩して体を休めることが大切です。体の疲労は目の疲れや腰や肩のこりとなって現れるので、危険を察知することができても十分な反応ができず事故を起こしてしまうことがあります。適度な休憩を取り運転しましょう。

Chapter
安全にドライブができる時間や距離の目安は?
長時間のドライブで起きること5選
安全なドライブのために注意すべきこと4つ
おすすめの長距離ドライブグッズ
ALPINE スタイリッシュアシストパット SSK-AP01AV
安全にドライブできる時間や距離の目安を知ろう!

安全にドライブができる時間や距離の目安は?

乗用車でのドライブを計画している人は、安全に運転するための目安となる時間や距離はどのくらいなのか把握しておきたい方も多いのではないでしょうか。

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)のホームページに記載されている情報によれば、安全を考慮した運転をする場合、高速道路であれば60〜70km/hの速度で走行した際の走行距離は約500km、一般道であれば20~30km/hの速度で約250kmの移動が理想とされています。

出典:ドライブプランを立てるコツ|一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)
参照:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-information/faq128

一般道の場合

一般道でも安全運転するための時間や距離の目安があります。

一般道を利用してドライブを楽しむ場合、1日7〜8時間の走行を予定していれば前章で紹介した通り一般道の場合は20〜30km/hの走行距離で約250kmの移動が理想とされていますが、土地勘のない場所を走ると走行距離が長くなるので休憩を入れながら走るようにしましょう。

また、運転計画を立てやすいように観光協会が発行している資料を入手しておきましょう。

出典:ドライブプランを立てるコツ|一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)
参照:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-information/faq128

高速道路の場合

高速道路でも安全運転をしていくための時間や距離の目安があります。

高速道路の走行時間も前章で紹介した通り1日7〜8時間の場合であれば、60〜70km/hの速度で走行したとして約500kmの移動がベストとされています。

ただし観光シーズンであれば渋滞が予測できるので、運転時間を減らすためにも目的地の1つ前のICで降りることも検討しておきましょう。

出典:ドライブプランを立てるコツ|一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)
参照:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-information/faq128

長時間のドライブで起きること5選

はじめに、長時間のドライブで起きてしまう事柄について紹介します。

車を長時間、運転することになると事故を起こさないように気を付けなければならなくなり、体の疲労から目の疲れや肩や体のこりが出てきます。また集中力が低下してとっさの判断が遅れ、事故を起こしやすくなります。

長時間のドライブを計画している場合は、休憩できるポイントをあらかじめ調べておき、体を休めながら運転することを考えておきましょう。

1:集中力の低下

長時間のドライブで体に起きる変化の1つ目に集中力の低下が考えられます。

長時間運転していると心身の疲労が激しくなり、目の疲れや思考力の低下を招き、集中して運転することが難しくなります。

安全運転するためにも、休憩を入れながらドライブを楽しむことが重要になってくるでしょう。

2:目の疲れ

長時間のドライブで体に起きる変化の2つ目に目の疲れが挙げられます。

車を運転していると標識や信号を見る機会が増え、目への負担が大きくなります。そのため、疲れ目や乾き目が起きやすくなり、普段生活していて普通に見えているものでも見逃してしまうことがあります。

目への負担を減らしていくためにも、無理な長距離の移動を避けるようにしましょう。

3:体のこり

長時間のドライブで体に起きる変化の3つ目に体のこりが挙げられます。

長時間運転する際は同じ姿勢でハンドルを握り続けることになり、体が硬直した形になってしまいます。その肉体的負担が肩や腰にこりとして現れることになります。

自分の体にフィットした運転席を確保できる車を選んだり、疲れにくいハンドルを取り付けるなど検討しておきましょう。

4:反応時間の遅れ

長時間のドライブで体に起きる変化の4つ目に反応時間の遅れが考えられます。

長時間運転していると心身の疲労が激しくなり、とっさの行動を取ることが難しくなります。危険を察知することができても即座に反応して行動することができず、運転のリスクを高くなり事故に繋がりやすくなります。

5:眠気を感じる

長時間のドライブで体に起きる変化の5つ目に眠気を感じてしまうことが考えられます。

運転時間が長くなると目に与える影響が増大します。その結果が眠気となって現れ、標識や信号を見落としてしまい、事故を誘発する恐れがあります。

事故から家族や同乗者を守るためにも、長時間の運転は避け、眠気を感じたら長い休憩を取るようにしましょう。

安全なドライブのために注意すべきこと4つ

最後に、安全なドライブを楽しむために注意すべきことについて紹介します。

安全にドライブを楽しむためには体の疲労をなくしていくことが必要となります。ドライブの前日にきちんと睡眠を取っておくようにしたり、旅行前に休憩ポイントを調べておき体を休めたり水分を補給する時間を計画しておくことが重要になります。

1:適度に休憩をとる

安全なドライブのための注意すべきことの1つ目は、適度に休憩を取ることです。

体のこりや目の負担を軽減するためにも、適度な休憩を取るようにし、心身の疲労をなくしながらドライブを楽しむようにしましょう。

土地勘のない場所を運転する場合、休憩するためのポイントが確保できないことがあるので、観光先の地図や資料を事前に確認し、休めるところを見つけておきましょう。

休憩のタイミングの目安

安全にドライブを楽しむためにも、走行した時間ごとに休憩時間を設けるようにしましょう。

高速道路であれば1〜2時間ごとの走行で30分ほどの休憩時間を入れるようにして、また、一般道を走る場合ならば2〜3時間ごとに30分の休憩を取るようにしましょう。

また、休憩した際は体を動かしたり、水分を補給し、体の疲れをなくすことに留意するようにしましょう。

出典:教えておとなの自動車保険 定期的に休憩時間を取る|セゾン自動車火災保険株式会社
参照:https://www.ins-saison.co.jp/otona/oshiete/drive/long-drive.html

2:適度に体を動かす

安全なドライブのために注意すべきことの2つ目に適度に体を動かすことが挙げられます。

長時間の運転が続く場合、体の血液の流れが悪くなり、肩や腰のこりが起きる原因となることがあります。休憩する際にはできるだけストレッチなどを行い、体の血の巡りを良くしておきましょう。

3:前夜の睡眠を十分にとる

安全なドライブのために注意すべきことの3つ目にドライブ前夜には十分な睡眠をとることが挙げられます。

寝不足のままだと体の疲れが残ったまま長時間の運転しなければならなくなり、危険を察知しても思うように回避できなかったり、目への疲労を感じやすくなってしまいます。

万全な体調でドライブに臨むためにも、運転の前日は質の良い睡眠をとるように心掛けましょう。

4:定期的に水分をとる

安全なドライブのために注意すべきことの4つ目に定期的に水分をとることが挙げられます。

ドライバーは運転の際、神経を使って運転していることもあり、気づかないうちに体の中の水分を失っています。室内で脱水症状に陥らないためにも定期的に水分を補給する必要があります。

また、トイレ休憩の機会を多くしないために水分補給を控えることがあるので、そのときの体調を見ながら適度に水分を補給するようにしましょう。

おすすめの長距離ドライブグッズ

長距離のドライブは車内で過ごす時間が長くなるため、ドライバーも同乗者もできるだけ車内で快適な時間を過ごしたいでしょう。

そこで、ここでは車内で快適に過ごすことができ、ドライブを楽しめるおすすめの長距離ドライブグッズをご紹介します。

ALPINE スタイリッシュアシストパット SSK-AP01AV

アルパイン(Alpine) アルパイン(ALPINE) 新車計画 車室内を快適な空間にする ドライブ時にやさしく腰をサポート ズレ防止機能付きスタイリッシュアシストパット SSK-AP01AV

4,382円〜(税込)

長距離ドライブでの腰の痛みを軽減

長距離のドライブでサポートしてくれる、腰にやさしいアシストパットです。固定機能付きでズレる心配がありません。カーボン調PCVレザーとシボ加工のコンビネーションで手触りの良さと、車内空間を損ねないデザインを実現しています。

防水性に優れているため汚れが付きにくく、お手入れしやすいのでおすすめです。

メーカー
アルパイン(Alpine)
ブランド
アルパイン(Alpine)
モデル名
SSK-AP01AV
商品モデル番号
SSK-AP01AV

安全にドライブできる時間や距離の目安を知ろう!

安全なドライブを楽しむためにも、運転時間や距離の目安を適切に知っておくことは大切です。安全に運転できる目安を把握しておかないと自分でも気づかないうちに体に疲労が蓄積され、大きな事故に繋がる恐れがあります。

家族や同乗者の安全を守るためにも、安全に運転できる時間や距離の目安を把握して、自身のドライブプランに取り入れていきましょう。