【プロ解説】約600キロのロングドライブでわかった!BMW 320d xDrive Mスポーツの実力を徹底解説!!

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
BMW 320d xDrive Mスポーツの本当の実力は?
BMW3シリーズの前後重量バランスは50:50をキープ。高速も楽々!
アダプティブクルーズコントロールさえあれば”ストレスフリー”
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

BMW 320d xDrive Mスポーツの本当の実力は?

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

今回試乗したBMW320d xDrive M Sportのインプレッションを紹介しましょう。このモデルは、2019年5月に追加された新世代クリーンディーゼルエンジンと4WDの駆動方式を組み合わせたモデルで、車両本体価格は641万円。日本市場における現行型3シリーズの中で最も人気の高いグレードと言えるでしょう。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

BMW320d xDrive M Sportに搭載されている2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンには、低回転域と高回転域で切り替わる2 ステージ・ターボ・システムをBMW として初めて採用し、低回転域での加速性を向上させています。この低回転から大きなトルクを発生する新世代のBMW ディーゼルエンジンに組み合わされた駆動方式は、BMW独自 の四輪駆動システムxDrive 。xDrive は、走行中にセンサーが常に路面状況を検知し、車両速度やドライバーのステアリング操作に応じて、電子制御で前後トルク配分を最適化することで、常に安定した走行を実現し、日常走行における快適性や操作性を高めてくれます。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

また、安定走行時には、後輪にほぼ100%エンジントルクを配分することも可能であり、燃費効率をより高めているのが特徴です。最大トルク400Nmをワイドバンドで発生する2LクリーンディーゼルエンジンとxDrive を組合せたBMW320d xDrive M Sportは一体どのような味付けとなっているのでしょうか。 

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

クルマに乗り込む前に装着されているタイヤをチェックしました。一般的な4WD車の場合は前後同じサイズのホイール&タイヤを装着しているのですが、試乗した320d xDrive M Sportはフロントタイヤが225/45R18、リアタイヤが255/40R18と4WD車にも関わらず前後異なるサイズのタイヤを装着しているのです。これだと、前後のグリップ力が変わってしまうため、4WDのトルク配分が難しくなってしまいます。

BMW3シリーズの前後重量バランスは50:50をキープ。高速も楽々!

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

しかし320d xDrive M SportはFR車と同じように後輪に太いタイヤを装着しており、一段と走りへの興味が高まりました。さらに、車検証を見てみると前輪の重量が840kg、後輪の重量が840kgと前後の車両重量がなんと50:50となっているのには驚きました。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

今回の試乗は運転支援システムの性能チェックを含めて、高速道路を中心に約600km行いました。新世代のディーゼルエンジンを搭載しているというものの、車内にはディーゼルエンジン独特のカラカラ音は全く入ってきません。これはオプションで設定されているアコースティックガラスの効果です。フロント・サイド・ウィンドウに採用されたアコースティックガラスは標準装備となっているフロント・ウィンドウと相まって、ノイズ・レベルを大幅に低減し、風切り音や車両周囲の騒音エンジンやタイヤ、ワイパーなどのノイズを最小限に抑えてくれます。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

帰りは雨に降られたのですが、ワイパーのノイズも最小限に抑えられてくれて、室内空間は高い静粛性を確保しています。 最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン+8速ATはどんな走行シーンでも不満を感じることはありませんでした。高速道路で追い越しを行う際でも、アクセルペダルに瞬時に反応して、ディーゼルエンジンらしいタイムラグは皆無。まるでガソリンエンジンのように鋭い加速を実現してくれます。

アダプティブクルーズコントロールさえあれば”ストレスフリー”

BMW 330e

特に高速道路でのアダプティブクルーズコントロールとの相性も抜群で、先行車に追いついて、速度が一旦下がってしまったケースでも先行車がいなくなる直前から加速を開始し、設定速度まで素早く戻してくれます。この再加速のフィーリングはドライバーが加速しようと思うタイミングにバッチリ合うので、ストレスを感じるシーンはありまえんでした。 320d xDrive M Sportは4WD車ですが、これまで乗った4WD車の中で最もFR車に近いフィーリングのコーナリングを行います。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

前後異なるサイズのタイヤを装着しているからというのではなく、xDrive と呼ばれる4WDシステムがコーナリング時にトルクベクタリングによって前後左右の駆動力を最適化してくれるので、ドライバーは狙ったラインをトレースできますし、フロントノーズの入り方はまさにFR車と思えるようなスムーズさを実現しています。トルクの太いディーゼルエンジンのメリットを最大限に発揮させるために4WDを採用し、しかも走りのテイストはFRそのものというBMWのこだわりを強く感じました。低速時はやや硬めに感じた乗り味も、高速走行では全く問題ありません。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

そして、秀逸だったのがアダプティブクルーズコントロールです。先ほど再加速のフィーリングの良さは書きましたが、ブレーキを掛けるタイミングや強さも絶妙です。しかも3シリーズはどの車線を走行しているのかもコクピットに表示することができます。日産スカイラインのように、60km/h以上の高速走行中にハンズオフはできませんが、手を離して、数秒が経過するとハンドルに内蔵されたインジケーターが黄色に点灯し注意を促します。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

カタログ燃費はWLTCモードで15.3km/Lですが、高速中心とはいえ、燃費計では17.5km/Lを達成。約600km走行してもまだ、約470km走行可能という優れた燃費性能には驚くばかりです。優れた燃費性能と低回転域からパワフルなディーゼルエンジンそして、燃費の悪化を最小限に抑えた4WDシステムの組み合わせは3シリーズのスタンダードになると言えるでしょう。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ