しまなみ海道のドライブスポット12選|有名な食べ物もご紹介

海辺の風景

尾道市から今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道は、美しい海と島々を存分に堪能できる人気ドライブスポットです。青い海や緑の島、季節の花々、大きな橋から成る景色は絶景で、文化的見どころも数多くあります。今回はしまなみ海道の魅力をおすすめスポットとともにご紹介しましょう。

Chapter
しまなみ海道のドライブの特徴は?
しまなみ海道のドライブスポット10選
道の駅多々羅しまなみ公園のおすすめメニューは?
おすすめのドライブグッズ
NAPOLEX「アンブレラケース」
しまなみ海道のドライブを楽しもう

しまなみ海道のドライブの特徴は?

広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶ約60kmの瀬戸内しまなみ海道は、穏やかで美しい海とそこに浮かぶ島々を存分に堪能できる人気ドライブスポットです。

しまなみ海道は向島、生口島、大島などの小島を7つの橋で結んでいます。青い海や緑の島、季節の花々、大きな橋から成る景色は絶景です。

景色もよく潮風が心地よいので、ドライバーだけでなくサイクリストにも人気です。日本初の海峡を横断できる自転車道としても有名で「サイクリストの聖地」としても知られています。

出典:しまなみ海道とは|しまなみ海道
参照:https://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/about/

しまなみ海道のドライブスポット10選

それでは、しまなみ海道のドライブスポットの中から、特におすすめの10スポットを紹介します。それぞれの見どころやアクセスについて詳しくお伝えしますので、これからドライブに行く方は参考にしてみてください。

1:耕三寺

ユニークな建物や寺院建築を楽しみたいなら、尾道市生口島にある耕三寺・耕三寺博物館までドライブしてみましょう。国内各地の有名建築を模した建物や地獄の世界が広がるトンネルなど、広大な敷地は見どころに溢れています。

「母の寺」とも呼ばれており、耕三寺耕三が母への感謝を示すために建てられました。本堂奥にある「未来心の丘」は、寺の煌びやかな雰囲気とは全く異なる大理石庭園です。

耕三寺は、今治ICから生口島南ICを経て所要時間35分のところにあります。入場料金は大人1,400円で、駐車場は無料です。

出典:アクセス|耕三寺博物館
参照:http://www.kousanji.or.jp/access.html

2:多々羅しまなみ公園

しまなみ海道ドライブで、瀬戸内海の美しい景色と新鮮な魚介のグルメを味わいたいなら、道の駅・多々羅しまなみ公園がおすすめです。

この公園は愛媛県今治市の大三島にあります。大三島ICを下車してすぐの場所にあるため、ドライブコースにも組み入れやすいでしょう。サイクリストの休憩場所としても人気で、心地よい潮風を感じながら多々羅大橋や美しい瀬戸内海の景色を堪能できます。

また、レストランではしらすやマハタなどを使った新鮮な海鮮ランチを楽しめます。

3:千光寺公園

春にしまなみ海道をドライブするなら、尾道の観光名所として知られる千光寺公園は外せないでしょう。 四季折々の自然の美しさを感じながら、海や街の眺望を高いところから楽しめます。

千光寺公園は、長い歴史のある千光寺を中心にした公園です。「赤堂」とも呼ばれる朱色の美しい本堂では、縁結びや無病息災など様々なお守りが売られています。

園内には様々な植物が生い茂り、特に春には多種多様な桜を見ることができ、夜桜や展望台からの眺めも楽しめるため、毎年多くの人で賑わっています。

公園には1日600円の駐車場があり、千光寺から徒歩で約10分の場所に設置されています。

出典:交通|千光寺
参照:https://www.senkouji.jp/access/

4:亀老山展望公園

しまなみ海道で時間に縛られないドライブを楽しみたいなら、昼間は海や山の魅力を堪能し、夜は夕日や夜景を楽しめる亀老山展望台がおすすめです。

亀老山展望台は、大島の南にある瀬戸内海国立公園にあります。標高307.8mの公園には、世界的な建築家・隈研吾氏が設計したパノラマ展望台ブリッジがあります。

ここからの眺めは圧巻で、来島海峡大橋、来島海峡の潮流、石鎚山が見えます。海に沈む夕日や今治市の夜景も見逃せません。

入園料も駐車場代も無料ですので、付近を通るルートの際はぜひ立ち寄ってみましょう。

出典:亀老山展望公園|今治市
参照:https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/?a=182

5:伯方塩業株式会社 大三島工場

しまなみ海道の家族ドライブで、ものづくりの見学や絶品のアイスクリームを堪能したいなら、伯方塩業株式会社の大三島工場に立ち寄ってみましょう。

この工場では塩を再結晶する工程を見学できます。また「流下式枝条架塩田」を再現したものがあり、昔の瀬戸内の風物詩を今に感じられるでしょう。

場所はしまなみ海道の大三島ICから車で15分の位置です。工場見学や駐車場は無料ですので比較的行きやすいでしょう。

出典:伯方塩業株式会社大三島工場|今治市
参照:https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/?a=236

6:ところミュージアム大三島

アート好きな方や一味違った瀬戸内海の風景を楽しみたい方には、ところミュージアム大三島もいいでしょう。

大三島の海沿いにあるこの美術館は、現代アートを楽しめる場所です。ノエ・カッツ、ジャコモ・マンズー、池田宗弘など国内外の著名なアーティストの作品が展示されています。

また、建物は海を望む高台に建てられているので、瀬戸内の美しい風景も楽しめるでしょう。

場所は、しまなみ海道の大三島ICより約25分の位置です。尾道からだと、尾道IC・福山西ICより松永・尾道バイパスを経由して向かいます。観覧料は310円とお手頃ですので、立ち寄りやすいでしょう。

出典:交通アクセス|ところミュージアム大三島
参照:https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/tokoro/access/

7:村上海賊ミュージアム

戦国時代の歴史に興味のある方や家族ドライブを楽しむ方は、しまなみ海道の大島にある村上海賊ミュージアムがおすすめです。

この美術館は、全国でも珍しく海賊衆をテーマにしています。甲冑や小袖を着るコーナーもあり、体験学習も楽しめます。

場所は大島南ICから約10km、大島北ICからは約3kmの位置にあります。入館料は310円とお手頃なうえに、無料で楽しめるスペースもあります。

出典:交通アクセス|村上海賊ミュージアム
参照:https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/suigun/access/

8:大山祇神社

都会の喧騒を離れて遠い昔にタイムスリップしたいなら、大三島にある大山祇神社に立ち寄ってみましょう。

この神社は、天照大神の兄神を祭神とし、昔からたくさんの武将が戦勝祈願や謝礼として武具を奉納してきた場所です。国宝や重要文化財に指定された武具や甲冑類が数多くあります。

境内の中央には樹齢2,600年あまりの御神木があり、静寂が漂う神社の雰囲気と一体となった御神木を眺めると、神秘的な気分を味わえるでしょう。

この神社は、しまなみ海道の大三島ICから7kmのところにあります。駐車場もあり、静かな雰囲気でゆっくり過ごせますので、ドライブに疲れたら立ち寄ってみましょう。

出典:アクセス|大山祇神社
参照:https://oomishimagu.jp/access/

9:今治市伊東豊雄建築ミュージアム

瀬戸内海をバックした個性的な建築を体感したいなら、今治市伊東豊雄建築ミュージアムがおすすめです。

多面体で構成された「スティールハット」と、伊東氏の自邸を再現した「シルバーハット」から成る建物は、瀬戸内の海に馴染むように設計されました。

館内には氏の軌跡が展示されています。多面体の吹き抜けや迫ってくる壁などはユニークで、建築に詳しくなくても直感的に楽しめるでしょう。

場所はしまなみ海道の大三島ICから約25分のところにあります。観覧料は840円ですが、ところミュージアム大三島、伊東豊雄建築ミュージアム、岩田健母と子のミュージアムの全てを回るなら、お得な共通券「大三島アートめぐり」がおすすめです。

出典:交通アクセス|今治市伊東豊雄建築ミュージアム
参照:https://www.tima-imabari.jp/access/

10:因島水軍城

城や歴史に興味があるなら、因島にある因島水軍城を訪ねてみましょう。

この城は、国内でも珍しい城型資料館です。歴史家である奈良本辰也氏が監修した城で、因島にふさわしいものをとの思いから、1983年に建設されました。

山門から150段登ってたどり着く高台の本丸からは、美しい景色を一望できます。城の麓には代々の墓があり、歴史の重みを感じられるでしょう。

場所はしまなみ海道の因島北ICより約5分、因島南ICより約10分の位置です。資料館の観覧料は大人330円、駐車場の料金は無料ですので、気軽に立ち寄れます。

出典:アクセス|いんのしま観光なび
参照:https://kanko-innoshima.jp/access

道の駅多々羅しまなみ公園のおすすめメニューは?

ここでは、人気スポットで紹介した「多々羅しまなみ公園」のレストランおすすめのメニューをご紹介しましょう。

まず、新鮮なお刺身を堪能したいなら「水軍海賊丼」がおすすめです。丼から溢れんばかりの様々な海鮮をたっぷり楽しめます。

揚げ物が好きな方には「平目丸ごと唐揚げ御膳」がおすすめです。頭から尾まで無駄なく使った平目の唐揚げ、茶碗蒸し、小鉢、ご飯、みそ汁など盛りだくさんの内容で、瀬戸内のグルメをお腹いっぱい堪能できるでしょう。

おすすめのドライブグッズ

1人でのドライブから家族でのドライブまで、ドライブに出かけるのが楽しみだという方も多いでしょう。ここでは、大切な愛車で快適にドライブを楽しみたい方におすすめのドライブグッズをご紹介します。

数多くのカーアイテムの中から、あると便利なグッズを厳選しましたので是非参考にしてみて下さい。

NAPOLEX「アンブレラケース」

ナポレックス(Napolex) ナポレックス 車用 傘入れ 純正感覚 アンブレラケース ブラック 抗菌・防臭加工 最大5本収納 たまった水捨て簡単 NAPOLEX JK-66

900円〜(税込)

塗れた傘もすっきり収納

ヘッドレストステーに本体のフラップを引っかけるだけで簡単に使用できる傘立てです。濡れた傘を車内に持ち込むと置き場に困ることが多いですが、傘立てに入れておけば車内が濡れることなく傘をすっきり収納することができます。

ファスナーで素早く開閉できるので、簡単に取り出したり収納することができて便利です。どんな車内にも馴染むシンプルなデザインで、使わない時はコンパクトに収納できるため邪魔になりません。

メーカー
株式会社A-Z
ブランド
ナポレックス(Napolex)
モデル名
JK-66
梱包サイズ
0.5 x 18 x 67 cm; 124 g
商品モデル番号
JK-66
商品の重量
124 g

しまなみ海道のドライブを楽しもう

しまなみ海道は見どころが多いスポットばかりですので、ドライブするなら事前に大まかなコースを決めて行くことをおすすめします。

また、施設を訪れる際は開館日や時間、駐車場のチェックしておきましょう。スムーズに進めば、絶景を見ながらのドライブは充実した時間になるでしょう。

紹介した内容を参考に、愛車やレンタカーでしまなみ海道のドライブをぜひ楽しんでみましょう。