ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカー10選|選び方のポイントも紹介

ブレーキ

ブレーキ用ツールがあることでブレーキのメンテナンスや交換を自分で行うことができます。今回は、ブレーキ用ツールのメーカー10選やブレーキ用ツールの選び方を紹介します。車の整備を自分で行いたい方はぜひ参考にしてみてください。

Chapter
ブレーキ用ツールとは
ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカー10選
1:KTC
2:TONE
3:アストロプロダクツ
4:SIGNET
5:STRAIGHT
6:エスコ
7:8MILELAKE
8:JTC
9:ハスコー
10:アケボノ
ブレーキ用ツールのメーカーを選ぶ時のポイント
ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカーを知ろう

ブレーキ用ツールとは

ブレーキ用ツールとは、自動車のブレーキの分解や組付のために使用する工具のことです。中には必ずしも必要ではない工具もありますが、ブレーキ用ツールを用いることで効率よく作業ができます。

ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカー10選

ブレーキ用ツールのような特定の用途に特化した工具は、他と比べて価格が高いものが多いです。それでいてブレーキ用ツールのメーカーも数多く存在しているため、どのメーカーのものを買えばよいのか迷ってしまうことが予想されます。

これから、ブレーキ用ツールのメーカー10社を紹介するので参考にしてみてください。

1:KTC

京都機械工具(KTC) KTC

15,100円〜(税込)

KTC(京都機械工具株式会社)は「軽くて強くて使いよい」を基本として数多くの高品質な製品を開発・販売しているメーカーです。

様々なブレーキ用ツールを取り扱っており、ディスクブレーキのブレーキパッド交換の際に飛び出しているピストンを押し込むための工具であるディスクブレーキピストンツールなどもあります。

KTCの「ディスクブレーキピストンツール」は、2tクラスの小型トラックまでのディスクブレーキに使用できるので、乗用車なら問題ありません。

商品名
KTC ( 京都機械工具 ) ディスクブレーキピストンツール ワイドプレート ACB-12

2:TONE

トネ(TONE) TONE

1,130円〜(税込)

TONEはプロ向け高級作業工具メーカーで、ブレーキ用ツールのみならず電動工具やエアーツールなどの製品も扱っています。

ブレーキ用ツールではブレーキシュー(調整)ツールが含まれるものがあります。

ブレーキシューツールはドラムブレーキのクリアランス調整に使われます。ツールセットには自動車整備において役立つ工具が詰まっているので、「まだ工具を持っていない」「これから自分で自動車整備に挑戦してみたい」という方はチェックしておきましょう。

商品名
トネ(TONE) ツールセット TSA3331 差込角9.5mm(3/8") レッド 内容61点

3:アストロプロダクツ

アストロプロダクツ アストロプロダクツ

26,290円〜(税込)

アストロプロダクツはリーズナブルな価格にこだわるメーカーです。

こちらで扱っているブレーキキャリパーツールの中には、様々なアタッチメントや専用ケースもついていながらも、お手頃な価格に設定されています。

アタッチメントは磁石で保持されるため作業時の脱落を防ぎます。複数のアタッチメントのおかげで様々なブレーキキャリパー、ピストンに対応可能です。

商品名
【アストロプロダクツ】AP ツールセット ブラック(83点組)TS179

4:SIGNET

SIGNET(シグネット) SIGNET

12,045円〜(税込)

SIGNETはデザイン性とコストパフォーマンスの高いメーカーです。

数多くの工具を製造していますが、ブレーキ用ツールも取り扱っています。

SIGNETの「ピストンブレーキキャリパーツール」はディスクブレーキのキャリパーピストンを傷つけずに確実に押し戻すことができ、14mmのレンチなどでも回すこともできます。

商品名
SIGNET(シグネット) 46811 ピストンブレーキキャリパーツール

5:STRAIGHT

ストレート(STRAIGHT) STRAIGHT

2,988円〜(税込)

STRAIGHT(ストレート)は低価格と機能性を重視している工具メーカーおよび販売店です。

店舗ではストレートの商品のみならず様々なブランドの工具も扱っているため「一日中店内に居ても飽きない」と評価されています。

STRAIGHTではブレーキ用ツールとして「レーキピストンロッキングプライヤー」を取扱っています。これはブレーキパッドをディスクに押し付けるピストンを取り外すための工具です。

また、工具ではないですがSTRAIGHTではブレーキパッドに塗るブレーキ用グリスも販売しています。もしブレーキパッドの交換をする場合は併せて用意するとよいでしょう。

商品名
STRAIGHT

6:エスコ

エスコ(ESCO) エスコ

24,227円〜(税込)

エスコは国内外のメーカーから仕入れるだけでなく、現場の声を反映して開発されたエスコオリジナル商品などを販売しています。

エスコが扱っている「ディスクブレーキピストンツール」は、使用するサイズに合わせてプレート交換が可能となっています。また、プレート開口値によって大きく価格が変わってくるので、購入の際は事前にどのサイズが必要か確認しておきましょう。

商品名
エスコ ディスクブレーキピストンツール EA604FV-5

7:8MILELAKE

8MILELAKE 8MILELAKE

4,440円〜(税込)

8MILELAKEは非常に安価なブレーキ用ツールを販売しています。

特に「ブレーキキャリパーツール22点セット」は、その名の通り22点入っていながらかなりの低価格です。

また、国産車やヨーロッパ、アメリカの車に対応することができます。

商品名
8MILELAKE ブレーキキャリパーツール 22点セット ブレーキパットや ブレーキディスクの交換用に使用 国産車輸入車対応 自動車メンテ

8:JTC

JTC JTC

65,945円〜(税込)

JTCは自動車向けの特殊工具などを多く取り扱っているメーカーです。

JTCの「ブッシュリムーバー&インサーターセツト」は、ロアアームなどについているブッシュを取り外しまたは組付をするための工具です。活用することでブッシュ交換の費用を大きく減らせる可能性があります。

商品名
JTC ブッシュリムーバー&インサーターセツト 車輌整備 特殊 工具 SST ブッシュ 抜取 圧入 汎用 JTC4091

9:ハスコー

ハスコー(Husco) ハスコー

28,591円〜(税込)

ハスコーは「ユーザー現場主義」を企業理念とする自動車部品と特殊工具のメーカーです。

「エアーブレーキチューブリムーバー」は、名前の通りエアーブレーキ(空気圧によって作動させるブレーキ)のチューブを外すための工具です。通常の乗用車や小型トラックでは油圧ブレーキですので、大型バスや大型トラック向けです。

商品名
ハスコー エアーブレーキチューブリムーバー BH209C

10:アケボノ

曙ブレーキ工業(Akebono-Brake) アケボノ

5,700円〜(税込)

アケボノ(曙ブレーキ工業)は多くの自動車メーカーにブレーキパーツをOEM(新車組付用)供給しているメーカーです。

この他、F1や耐久レースなどでも供給実績があります。

「プロシリーズ ブレーキパッド」は、ディスクブレーキに押し当てることで運動エネルギーを熱エネルギーに変換して減速させるパーツです。

商品名
曙(アケボノ) /プロシリーズ ブレーキパッド AKEBONO 品番:AX-675WK

ブレーキ用ツールのメーカーを選ぶ時のポイント

これまで、様々なブレーキ用ツールのメーカーを紹介しました。では、選ぶ際にどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。これから、ブレーキ用ツールの選び方を紹介していきます。

用途で選ぶ
ブレーキ用ツールと言っても様々な工具があるため、使用する用途を決めておくことが重要です。例えば、ディスクブレーキキャリパーのピストンを押し戻したりするには、「ディスクブレーキピストンツール」や「キャリパーピストンツール」といった名称のツールが必要です。

使用する用途によって、何が必要なのかをあらかじめ確認しましょう。

価格で選ぶ
これはブレーキ用ツールに限った話ではありませんが、価格によって製品の品質などが変わる場合があるので確認しておきましょう。

また、複数のツールがセットになったものもあります。当然ながらセット商品の方が価格は高いですが、ツール1個当たりの価格を抑えることが可能です。

ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカーを知ろう

これまで、ブレーキ用ツールを取り扱っているメーカーを紹介しました。メーカーそれぞれに特徴があるので、自分に合ったメーカーを把握することが大切です。

用途や価格を考慮して、自分に合っているメーカーを探してみましょう。

商品詳細