おすすめのチャイルドシート12選|選ぶ時のポイントもあわせて紹介

チャイルドシートは種類がたくさんあり、どれを選んだら良いか悩んでいる方も多いでしょう。今回は、正しいチャイルドシートの選び方と、おすすめチャイルドシート12選を紹介していきます。ぜひ今回の記事を参考にチャイルドシートを選んでみてください。

Chapter
チャイルドシートとは?
チャイルドシートを選ぶ時のポイント3つ
おすすめのチャイルドシート12選
おすすめのチャイルドシート1:コンビ「THE S ISOFIX エッグショック ZA」
おすすめのチャイルドシート2;アップリカ「回転式チャイルドシート ディアターン プラス プレミアム レッドグレー RD」
おすすめのチャイルドシート3:カトージ「Joie チャイルドシート Arc360°」
おすすめのチャイルドシート4:タカタ「Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX固定 04アイフィックス」
おすすめのチャイルドシート5:コンビ「クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-540」
おすすめのチャイルドシート6:アップリカ「エアグルーヴ プレミアム AC」
おすすめのチャイルドシート7:ネビオ「PoPPit」
おすすめのチャイルドシート8:リーマン「カイナ S チャイルドシート」
おすすめのチャイルドシート9:コンビ「チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG」
おすすめのチャイルドシート10:アップリカ「エアライドAB アイブラック」
おすすめのチャイルドシート11:アップリカ「クルリラライト」
おすすめのチャイルドシート12:アップリカ「ディアターン プラス ISOFIX AB」
チャイルドシートに赤ちゃんを乗せる時の注意点
おすすめのチャイルドシートを知ろう

チャイルドシートとは?

「赤ちゃんが生まれたら、チャイルドシートを用意しなきゃ」という知識は多くの方が持っているでしょう。ですが、そもそもなぜチャイルドシートが必要なのでしょうか。 赤ちゃんは自分ではシートベルトができません。

チャイルドシートは、シートベルトを正しく着用できない子供を「安全に」車に乗せるために、体を固定するものです。今回はチャイルドシートの選び方や、チャイルドシートおすすめ12選を紹介していきます。

何歳まで必要なのか?

道路交通法により、チャイルドシートの着用は0歳から6歳未満までは義務付けられています。

万が一事故にあったとき、チャイルドシートを正しく使用していなかった子供の致死率は、約6倍になると言われており大変危険です。 そこで、まずは車と子供に合った正しいチャイルドシートの選び方を紹介していきます。

チャイルドシートを選ぶ時のポイント3つ

チャイルドシートは、お店に行ってみると種類はたくさんあり、一体どれを選んだらいいのか悩むことがあるでしょう。 まずは、正しいチャイルドシートを選ぶポイントを3つに分けて紹介していきます。

チャイルドシートを選ぶ時のポイント1:年齢に適しているかを確認する

チャイルドシートは成長段階によって主に3つに分けられます。 0歳から使用できるもの、1歳になってから使用できるもの、そしてジュニアシートとも呼ばれる3歳になってから使用できるものの3段階ありますので、年齢に合ったシートを選びましょう。

なかには、それぞれの段階で兼用できるものもあります。しかし、単純に対象年齢だけではなく、子供の体重や身長も関わってきますので、シートの記載をチェックする必要があります。

チャイルドシートを選ぶ時のポイント2:便利な機能がついているか確認する

チャイルドシートの種類によっては、さまざまな便利機能があります。 子供の乗せ降ろしがしやすい回転式のものや、軽量で持ち運びやすい固定式のもの、カバーを洗濯できるものや、通気性の良いメッシュ素材を使っているもの、衝撃を緩和してくれるクッション性に優れたもの、日差しをカバーするサンシェードがついたものなどがあります。

チャイルドシートを買うにあたって何を優先したいのかを考え、機能をチェックして選びましょう。

チャイルドシートを選ぶ時のポイント3:取り付け方法を確認する

チャイルドシートの取り付け方は主に2つあります。 1つ目はシートベルトで固定するもので、ほとんどの車で取り付けられるのが魅力的ですが、取り付けが難しいものもあります。

2つ目はISOFIXで固定するもので、対応車のみ取り付け可能です。コネクターを専用金具に差し込むだけなので力の弱い方におすすめです。 シートベルトで固定する方法とISOFIXで取り付ける方法の、どちらに対応している車なのか確認して選びましょう。

おすすめのチャイルドシート12選

それでは早速、上記の3つのポイントを意識しながら12種類のチャイルドシート人気商品を比較していきましょう。あなたの車や子供にぴったり合い、良い機能がついたチャイルドシートをぜひ見つけてみてください。

おすすめのチャイルドシート1:コンビ「THE S ISOFIX エッグショック ZA」

THE S ISOFIX エッグショック ZA

コンビ THE S ISOFIX エッグショック ZA

¥73,400

柔らかい頭を守るエッグショック搭載

ベビー用品と言えばお馴染みのコンビのチャイルドシートです。こちらは首が座っていない新生児のうちから使えるものになっています。 ISOFIX対応で取り付けるのが簡単です。さらに片手でも楽々回転できる機能があり、乗せ降ろしがスムーズなのでおすすめです。

また、日差しから守るためのサンシェードもついています。 魅力は何といっても、生まれたての柔らかい赤ちゃんの頭を守るエッグショックを搭載していることです。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kgまで
取付方法
ISOFIX
回転機能
あり

おすすめのチャイルドシート2;アップリカ「回転式チャイルドシート ディアターン プラス プレミアム レッドグレー RD」

回転式チャイルドシート ディアターン プラス プレミアム レッドグレー RD

アップリカ 回転式チャイルドシート ディアターン プラス プレミアム レッドグレー RD

¥30,000

前向き後ろ向きに加えベッド型がプラス

こちらもベビー用品と言えばお馴染みのアップリカです。シートベルトで固定するタイプで、より多くの車種で使用できます。

首の座っていない新生児期はベッド型にして使うことができ、成長段階に合わせて前向き後ろ向きと3パターンで使用できます。さらに片手で回転させることができるので乗せ降ろしがスムーズで、紫外線から守るシェードがついているのもポイントです。 

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kgまで
取付方法
シートベルト
回転機能
あり

おすすめのチャイルドシート3:カトージ「Joie チャイルドシート Arc360°」

Joie チャイルドシート Arc360°

カトージ Joie チャイルドシート Arc360°

¥22,381〜

安全性と快適さを両立

JoieはISOFIX対応かつ、360°回転式機能がついている商品の中では価格の安さが特徴的です。さらに、ドア側からの衝撃に備えた防御機能もついているので安心できるでしょう。

また、シートにエアホールと呼ばれる通気口があるので赤ちゃんが快適に過ごすことができ、長距離のドライブにもおすすめとなっています。 さらに本体シート、パッド類を取り外して手洗いできるので汚れても心配ありません。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kgまで
取付方法
ISOFIX
回転機能
あり

おすすめのチャイルドシート4:タカタ「Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX固定 04アイフィックス」

Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX固定 04アイフィックス

タカタ Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX固定 04アイフィックス

¥34,700〜

取り付けしやすいセパレートタイプ

タカタのチャイルドシートは、日本製の商品です。さらに、ISOFIXでの取り付けとなっており、取り付けミスが少なくしっかり固定できるので安心です。回転機能がないため、ISOFIX対応の商品の中では比較的に安くなっているのが魅力の1つになっています。

 また、セパレートタイプになっており、軽い状態で取り付けができるのでカーシェアする際やレンタカーで使うのもおすすめです。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kg
取付方法
ISOFIX
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート5:コンビ「クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-540」

クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-540

コンビ クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-540

¥51,434

コンビ最小でコンパクトカーにおすすめ

コンビの回転機能つきチャイルドシートの中で最小サイズのものとなります。1つ目に紹介した商品よりもコンパクトサイズとなるので、隣に座る時もひろびろと過ごせるでしょう。

また、スリープシェルを搭載しているので窓からの光だけではなく、雑音や走行音を抑え赤ちゃんが眠りやすい環境を作ります。さらに、シートはすべて洗濯機で洗うことができるのもおすすめポイントの1つです。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kg
取付方法
ISOFIX
回転機能
あり

おすすめのチャイルドシート6:アップリカ「エアグルーヴ プレミアム AC」

エアグルーヴ プレミアム AC

アップリカ エアグルーヴ プレミアム AC

¥19,580〜

長距離ドライブでもずっと座り心地がいい

これまで紹介してきたものとは違い、1歳から使えるものとなります。新生児期の使用が含まれず、ベッド型にする必要がないのでより軽量でコンパクトなものになっています。

11歳まで使用できるものなので、成長に合わせて3段階のモード変更が可能です。また、空気の流れるメッシュシートを使用しており、子供との長距離のお出かけでも快適に過ごしてもらうことができます。

対象年齢
1歳~11歳
適応体重
9kg~36kg
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート7:ネビオ「PoPPit」

PoPPit

ネピオ PoPPit

¥6,980〜

デザインにもこだわったジュニアシート

PoPPitは1歳から11歳までと長く使える、ジュニアシート兼用のチャイルドシートです。「トリコロール」「アメカジブルー」といった、おしゃれでかわいいデザイン性のある商品となっています。

シートの重さが4.8kgと軽いので、車2台で付替えを検討している方におすすめです。こちらも成長段階に合わせて3段階カスタムすることができ、さらに保温効果のあるドリンクホルダーもついています。

対象年齢
1歳~11歳
適応体重
9kg~36kg
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート8:リーマン「カイナ S チャイルドシート」

カイナ S チャイルドシート

リーマン カイナ S チャイルドシート

¥11,800〜

使用義務の期間を1台でカバー

対象年齢が0歳~7歳までと、チャイルドシートの使用義務期間をこの1台で済ませることができます。

また、新生児から使えるチャイルドシートの中でも本体重量が5.3kgと軽いので、車2台で使うことを考えている方には付替えが便利でしょう。さらに、軽自動車やコンパクトカーにもおすすめのコンパクトサイズとなっています。

対象年齢
0歳~7歳
適応体重
25kgまで
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート9:コンビ「チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG」

チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG

コンビ チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG

¥15,460〜

コンビの中でもリーズナブルな商品

コンビの中でもシートベルト取り付けタイプで、回転機能のないものになるため、比較的値段が安く購入できるのがポイントです。より値段を優先したい方におすすめで、有名メーカーなので安心感もあります。

1つ目に紹介した商品と同じで、エッグショックを搭載しており、おでかけ時の振動から赤ちゃんを守ってくれます。安全面での機能は十分備わっているので安心して使用することができるでしょう。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kg
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート10:アップリカ「エアライドAB アイブラック」

エアライドAB アイブラック

アップリカ エアライドAB アイブラック

¥8,000〜

アップリカの軽量ジュニアシート

エアライドABは3歳から使えるジュニアシートで、より軽量・コンパクトになっています。2つ目に紹介した商品は4歳までの対象なので、その後の買い替えにおすすめです。

頭・肩・腰をサポートクッションで支える設計になっており、シートも空気が流れやすいメッシュ素材を使っているので、長距離ドライブでも座り心地が良い状態が続きます。また、ドリンクホルダーや洗えるシートカバーも搭載しています。

対象年齢
3歳~11歳
適応体重
15kg~36kg
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

おすすめのチャイルドシート11:アップリカ「クルリラライト」

クルリラライト

アップリカ クルリラライト

¥35,800〜

シートベルトでもISOFIXでも対応

クルリラライトは、シートベルトでもISOFIXでも取り付けすることができます。そのため、より多くの車種に取り付けることが可能で、車にISOFIXが対応していなかったということがあっても心配いりません。

また、こちらも回転機能がついているので乗せ降ろしがスムーズで、誰にでも使いやすいのがおすすめポイントです。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kgまで
取付方法
シートベルト・ISOFIX
回転機能
あり

おすすめのチャイルドシート12:アップリカ「ディアターン プラス ISOFIX AB」

ディアターン プラス ISOFIX AB

アップリカ ディアターン プラス ISOFIX AB

¥38,848〜

ディアターンシリーズのISOFIX対応商品

2つ目でおすすめした、前向き後ろ向きだけでなく、ベッド型にして使うこともできるディアターンシリーズのISOFIX対応商品となります。

シートベルト固定よりも取り付けミスが少なく、確実・簡単に設置できるのが魅力的です。2番目の商品に比べて、こちらにはシェードがついていないタイプになるので、その分お値段もシートベルト固定のものとは大きく変わりません。

対象年齢
0歳~4歳
適応体重
18kgまで
取付方法
ISOFIX
回転機能
あり

チャイルドシートに赤ちゃんを乗せる時の注意点

チャイルドシートを取り付する際は、向き、角度、場所など注意点があります。1歳までは衝撃の軽減と気道確保のために、後ろ向きかつ水平から約45°倒して設置しましょう。場所は助手席ではなく後部座席の方が安全です。

そして、取り付けした後に揺らしてみて2.5cm以上動くようであればやり直しが必要です。 また、ベルトがきつ過ぎたり緩み過ぎていないか最終チェックし、付属の説明書にもしっかり目を通しましょう。

おすすめのチャイルドシートを知ろう

おすすめのチャイルドシート12選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 より安全な商品を求める方には、国土交通省と自動車事故対策機構の実施する「チャイルドシートアセスメント」を参考にすることもおすすめです。

優先順位を決めて車と子供に合った正しいチャイルドシートを選びましょう。その際には、今回紹介した選ぶポイントも忘れずにチェックすると良いでしょう。